プログラミングに最適なパソコン選び方!必要スペックや注意点を徹底解説

おすすめ製品
おすすめの検索結果
販売価格:
全てのサイト内で検索
Language
フランス語
英語
ไทย
ドイツ人
繁體中文
国・地域
Hi
All
ログイン
language Selector,${0} is Selected
新規会員登録
新規会員登録

会員ランク「プロ」特典

• 対象製品が、非会員向け価格から更に最大3%OFF
• 専任担当者が御社をサポートします
• 年間30万円以上のご購入で、次の会員ランク「プラス」に進み、更にお得になります

会員ランク「プラス」特典

• 対象製品が、非会員向け価格から更に最大4%OFF
• 専任担当者が御社をサポートします
• 年間200万円以上のご購入で、次の会員ランク「エリート」に進み、更にお得になります
会員ランク「エリート」特典
• 対象製品が、非会員向け価格から更に最大5%OFF
• 専任担当者が御社をサポートします
リセラー特典
• Lenovo の全製品を確認いただけます。
• Lenovo.com よりもお得な価格にてご購入可能
詳しくはこちら >
の追加購入でランクアップ >>
PRO Plus
PROエリート
おめでとうございます。エリートレベルに到達しました。
Pro 法人専用ストア
Delete icon Remove icon Add icon Reload icon
TEMPORARILY UNAVAILABLE
直販での販売は終了いたしました。
一時的に販売不可
Cooming Soon!
. Additional units will be charged at the non-eCoupon price. Purchase additional now
We're sorry, the maximum quantity you are able to buy at this amazing eCoupon price is
カートを保存するには、Lenovo IDでサイン イン。もしLenovo IDをお持ちでないお客様は新規ご登録いただく必要がございます。
サインインまたはアカウントを作成してリワードに参加する
View Cart
Wow, your cart is empty!
削除
items in cart
Some items in your cart are no longer available. Please visit cart for more details.
has been deleted
Please review your cart as items have changed.
of
Contains Add-ons
Proceed to checkout
はい
いいえ
Popular Searches
何をお探しですか?
Quick Links
Recent Searches
Hamburger Menu
メインコンテンツにスキップする
{"backgroundColor":"#e6f4fa","sideMsg":{"t_id":"","language":{"ja":"","ja_jp":""},"id":""},"data":[{"bannerInfo":{"t_id":"Page60c6484c-bb18-4228-bc89-97ee43f54c9c","language":{"ja":"","ja_jp":"%3Cp%3E%E5%AD%A6%E7%94%9F%E3%80%81%E4%BF%9D%E8%AD%B7%E8%80%85%E3%80%81%E6%95%99%E8%81%B7%E5%93%A1%E3%80%81%E4%BA%88%E5%82%99%E6%A0%A1%E7%94%9F%E3%81%AA%E3%82%89%E7%89%B9%E5%88%A5%E5%89%B2%E5%BC%95%E3%81%A7%E3%81%94%E8%B3%BC%E5%85%A5%E9%A0%82%E3%81%91%E3%81%BE%E3%81%99%EF%BC%81%E5%AD%A6%E7%94%9F%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%A2%E3%81%AF%3Ca%20href%3D%22%2Fstudent%2F%22%20target%3D%22_self%22%20style%3D%22text-decoration%3A%20underline%3B%20color%3A%20rgb(41%2C%2078%2C%20149)%3B%22%3E%3Cspan%20style%3D%22color%3A%20rgb(41%2C%2078%2C%20149)%3B%22%3E%3Cstrong%3E%E3%81%93%E3%81%A1%E3%82%89%3C%2Fstrong%3E%3C%2Fspan%3E%3C%2Fa%3E%3C%2Fp%3E"},"id":"Page60c6484c-bb18-4228-bc89-97ee43f54c9c"}},{"bannerInfo":{"t_id":"Page9375f2ce-add1-4559-9b1a-ec9dbee30a7b","language":{"ja":"","en":"","ja_jp":"%3Cp%3E%E3%81%8A%E9%9B%BB%E8%A9%B1%E8%B3%BC%E5%85%A5%E7%9B%B8%E8%AB%87%E7%AA%93%E5%8F%A3%20%E2%98%8E%20%E6%B3%95%E4%BA%BA%3A0120-148-333%E3%80%80%E6%B3%95%E4%BA%BA%E5%B0%82%E7%94%A8%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%A2%E4%BC%9A%E5%93%A1%E7%99%BB%E9%8C%B2%20(%E7%84%A1%E6%96%99)%E3%80%80%E8%A9%B3%E7%B4%B0%E3%81%AF%3Ca%20href%3D%22%2Fbusiness%2Fbenefits%2F%22%20target%3D%22_self%22%20style%3D%22color%3A%20rgb(41%2C%2078%2C%20149)%3B%20text-decoration%3A%20underline%3B%22%3E%3Cspan%20style%3D%22color%3A%20rgb(41%2C%2078%2C%20149)%3B%22%3E%3Cstrong%3E%E3%81%93%E3%81%A1%E3%82%89%3C%2Fstrong%3E%3C%2Fspan%3E%3C%2Fa%3E%3C%2Fp%3E"},"id":"Page9375f2ce-add1-4559-9b1a-ec9dbee30a7b"}},{"bannerInfo":{"t_id":"Pagee52887c4-ad11-420b-a88e-3dd511d036c4","language":{"ja":"","en":"","ja_jp":"%3Cp%3EJACCS%E5%88%86%E5%89%B2%E6%89%95%E3%81%84%E3%81%A7%E3%80%81%E6%9C%88%E9%A1%8D1%2C000%E5%86%86%E3%81%8B%E3%82%89PC%E8%B3%BC%E5%85%A5%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B%EF%BC%81%E8%A9%B3%E3%81%97%E3%81%8F%E3%81%AF%3Ca%20href%3D%22%2Fpartner%2Fjaccs-tejun%2F%22%20target%3D%22_self%22%20style%3D%22color%3A%20rgb(41%2C%2078%2C%20149)%3B%20text-decoration%3A%20underline%3B%22%3E%3Cspan%20style%3D%22color%3A%20rgb(41%2C%2078%2C%20149)%3B%22%3E%3Cstrong%3E%E3%81%93%E3%81%A1%E3%82%89%3C%2Fstrong%3E%3C%2Fspan%3E%3C%2Fa%3E%3C%2Fp%3E"},"id":"Pagee52887c4-ad11-420b-a88e-3dd511d036c4"}},{"pcInfo":"","mAndTabInfo":"","bannerInfo":{"t_id":"Page809773dd-c859-4616-b53b-35e86a0759cf","language":{"ja":"","en":"","ja_jp":"%3Cp%3E%E6%96%B0%E7%94%9F%E6%B4%BB%E5%BF%9C%E6%8F%B4%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%AB%E9%96%8B%E5%82%AC%E4%B8%AD%EF%BC%81%E4%BC%9A%E5%A0%B4%E3%81%AF%3Ca%20href%3D%22%2Fd%2Fdeals%2Fpromo-offers%2F%22%20target%3D%22_self%22%20style%3D%22color%3A%20rgb(41%2C%2078%2C%20149)%3B%20text-decoration%3A%20underline%3B%22%3E%3Cspan%20style%3D%22color%3A%20rgb(41%2C%2078%2C%20149)%3B%22%3E%3Cstrong%3E%E3%81%93%E3%81%A1%E3%82%89%3C%2Fstrong%3E%3C%2Fspan%3E%3C%2Fa%3E%EF%BC%81%3C%2Fp%3E"},"id":"Page809773dd-c859-4616-b53b-35e86a0759cf"},"gInfo":""},{"pcInfo":"","mAndTabInfo":"","bannerInfo":{"t_id":"Pagebbad0361-1b3c-4523-bdf4-c68bcf01fb8a","language":{"ja":"","en":"","ja_jp":"%3Cp%3E%E3%81%8A%E5%BE%97%E3%81%AA%E6%8E%98%E3%82%8A%E5%87%BA%E3%81%97%E7%89%A9%E6%BA%80%E8%BC%89%EF%BC%81%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%83%AB%E4%BC%9A%E5%A0%B4%E3%81%AF%3Ca%20href%3D%22%2Fd%2Fdeals%2Fclearance%2Foffers%2F%22%20target%3D%22_self%22%20textvalue%3D%22%E3%81%93%E3%81%A1%E3%82%89%22%3E%3Cspan%20style%3D%22color%3A%20rgb(41%2C%2078%2C%20149)%3B%22%3E%3Cstrong%3E%E3%81%93%E3%81%A1%E3%82%89%3C%2Fstrong%3E%3C%2Fspan%3E%3C%2Fa%3E%EF%BC%81%26nbsp%3B%3C%2Fp%3E"},"id":"Pagebbad0361-1b3c-4523-bdf4-c68bcf01fb8a"},"gInfo":""}],"autoRun":true}
ホーム > 特集コーナー > PC全般 > プログラミングに最適なパソコン選び方!必要スペックや注意点を徹底解説

プログラミングに最適な
パソコン選び方!
必要スペックや注意点を徹底解説

便利な Web サービスや、さまざまなアプリ開発に欠かせないプログラミング。開発現場に携わるプログラマーにとって、ストレスのない作業環境を実現するにはパソコン選びが重要です。

しかし、パソコンの種類も非常に多いため、どの程度のスペックにすれば良いのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、プログラミングに適したパソコンの選び方をライターの YUKI が解説します。

目 次

プログラミングをするならパソコン選びが重要な理由

プログラミングをするならパソコン選びが重要な理由

プログラミングに適したパソコンを選ぶ場合、スペックや OS には注意しましょう。たとえばアップル社の開発した「Swift」などのプログラミング言語は iOS や macOS 向けのため、Windows OS で動作させるには手順が複雑で初心者には難しいです。 プログラミング言語に合わせた開発環境を整える必要があるため、どの OS を採用するかは事前に決めておく必要があります。また、パソコンを選ぶ際にはスペックも確認しなければなりません。 パソコンのスペックが低いと作業効率が落ちて開発スピードが遅くなるほか、日々の作業にもストレスが出てきてしまいます。反対に高スペックであれば、処理速度が上がって動作が軽快になるため、作業効率も上がるでしょう。

プログラミングに使うパソコンの選び方

プログラミングに使うパソコンの選び方

パソコンを購入する際には、事前にいくつかのポイントを考量して選ぶ必要があります。購入前に予め決めておくことで、プログラミング作業に最適なパソコンを選ぶことができるでしょう。 ここでは、プログラミングに適したパソコンの選び方を解説します。

  • arrow

    OS は Windows・Mac・Linux
    のどれが良いか

    基本的にはどのOSでもソフトウエア開発は可能ですが、iOS のアプリ開発では Mac、Windows アプリなら Windows、Android™ アプリの開発なら Windows や Linux が適しています。つまり、どのプログラミング言語で何を開発するかによっても選ぶ OS が変わるのです。

    プログラミングをするうえで重要なことは、スムーズに開発するための環境を整えることです。ここを無視してパソコンを選んでしまうと、購入後に開発できないケースも出てきてしまうため注意しましょう。

  • arrow

    デスクトップかノートブックか

    ノートブックは、持ち運び可能な点が大きなポイントです。プログラミングスクールや勉強会に参加するためには、ノートブックが欠かせません。自宅で作業するときは大画面モニターを接続することで、快適な環境も構築できます。

    一方でデスクトップの場合は、ノートブックよりもハイスペックなモデルがそろいます。同価格であればデスクトップのほうがスペックは高くなることもポイントです。完全に自宅のみで作業する方はデスクトップが適しています。

  • arrow

    予算はいくらにするか

    パソコンを購入する際は、最初に予算を決めておくと選びやすくなります。たとえば Mac の場合だと、15 万円から 35 万円程度で購入可能です。なかには 10 万円前後の低価格モデルもありますが、比較的高額になる傾向があります。

    一方で Windows の場合は、5 万円から 15 万円程度でも購入可能です。開発する言語に問題がなければ、Windows を選ぶことで予算を抑えることができます。初心者の方は、高額な Mac よりも Windows がおすすめです。

プログラム用のノートブックを選ぶポイント

プログラム用のノートブックを選ぶポイント

プログラミングは長い時間続けて行うことが多いため、ノートブックの果たす役割は重要です。できるだけ長く集中できる、使いやすい、疲れがたまりにくいなど、さまざまなポイントを検討しましょう。どのポイントを重視するのかをよく考え、自身にとって最適なプログラミング用のノートブックを選んでください。

  • arrow

    ディスプレイはノングレア(非光沢)がおすすめ

    ノートブックのディスプレイには光沢のあるグレアと非光沢のノングレアがあり、プログラミングで使用するのであればノングレアを選びましょう。

    グレアは発色の美しい映像を表示できるのが特徴ですが、表面に光沢があるためディスプレイへ光や自分の顔などが映り込んでしまいます。そのため、気が散りやすいだけでなく、長時間使用すると目に疲れを感じます。

    ノングレアは映像が白っぽく表示されてしまいますが、光沢がないため反射が少なくて目が疲れにくいため、プログラミングのように長時間ディスプレイを見続ける作業に向いています。

  • arrow

    解像度の高いディスプレイは文字が見やすい

    ノートブックはデスクトップパソコンよりディスプレイのサイズは小さいですが、フルHD以上の高解像度のものを選びましょう。ディスプレイのサイズが小さくても、解像度が低いと一度に表示できる文字数が少ないのです。また、解像度が低いと表示される文字が粗く、読みにくいという欠点もあります。高解像度であれば表示できる情報量が多いうえに、文字もなめらかで読みやすくなるため、長いプログラムでもチェックしやすいでしょう。

    4Kディスプレイのような高解像度のディスプレイを選んだ場合は、Windowsの設定で文字の大きさを拡大しましょう。そのまま使用すると文字が小さくて、目が疲れてしまいます。

  • arrow

    フルサイズキーボードなら入力しやすい

    デスクトップパソコンでは、テンキーのあるフルサイズキーボードが一般的です。テンキーは数字の入力に特化したキーなので、大量に数字を入力するような場面で重宝します。ただ、ノートブックだとテンキーのないキーボードが主流です。

    数字を入力する機会が多い場合は、フルサイズキーボードを搭載しているかどうかをチェックしましょう。15型ディスプレイ前後のノートブックであれば、フルサイズキーボードを搭載しているものもあります。

    小型のノートブックだとフルサイズキーボードを搭載しているものはありませんが、テンキーだけのキーボードをUSB接続で追加できます。

  • arrow

    軽量モデルならどこでもプログラムができる

    プログラミングをするのであれば、適切な作業スペースを確保して、取り組む人が多いでしょう。長時間続けても疲れにくいように、デスクやイスにこだわる人もいます。しかしそれとは逆に、場所を選ばずにどこでもプログラムをするという選択肢もあります。

    軽量でコンパクトなモバイル性の高いノートブックなら、気軽にどこへでも持って行けます。気分次第でどこでもプログラミングができるのです。同じ場所で長時間作業をしていると集中力が途切れてしまう人は、気軽に移動できる軽量モデルのノートブックにしてはいかがでしょうか。

プログラム用のデスクトップを選ぶポイント

プログラム用のデスクトップを選ぶポイント

デスクトップパソコンでプログラミングは、作業する場所を簡単には移動できないというデメリットはあるものの、見やすいディスプレイや高い性能などさまざまなメリットがあります。移動して作業する予定がないのであれば、デスクトップパソコンを選ぶのもひとつの方法です。プログラミング用にデスクトップパソコンを選ぶときのポイントを紹介します。

  • arrow

    マルチディスプレイで作業スペースが広くなる

    デスクトップパソコンであれば、マルチディスプレイがおすすめです。複数台のディスプレイがあればさまざまな情報を同時に表示できるため、ウィンドウを切り替える手間がかかりません。デスクトップが広く使えることで、複数の作業を同時に進めやすくもなります。

    ディスプレイによっては縦位置にできるものもあります。縦位置のディスプレイはあまり馴染みがないかもしれませんが、プログラムをするときは横位置よりも複数の行をまとめて見られるというメリットがあります。プログラムをする人は、縦に置けるディスプレイを選択するのもよいでしょう。

  • arrow

    同じ値段でも高性能なスペックが手に入る

    とくにノートブックを選ぶ理由がないのであれば、プログラミングをしたい人はデスクトップパソコンがおすすめです。デスクトップパソコンはノートブックとほぼ同じ価格でも、性能が高いことが多いためです。コストパフォーマンスを考えた場合、デスクトップパソコンとノートブックを比べた場合、デスクトップパソコンのほうが優れています。

    ノートブックはさまざまな工夫を凝らして省スペースにする設計が必要になるのですが、デスクトップパソコンではそういった手間がかかりません。それにより、同じ価格でもデスクトップパソコンのほうが高性能になるのです。

プログラミングに必要なパソコンのスペック

プログラミングに必要なパソコンのスペック

上記内容がある程度決まったら、次はパソコンのスペックを決めていきます。快適なプログラミング環境を構築するには、スペックを妥協しないことがポイントです。ここからは、プログラミングにおすすめのパソコンスペックを解説します。

  • arrow

    CPU は Core™ i5/Ryzen™ 5 以上

    アプリケーションやソフトウェアなどからの指示を処理する CPU は、パソコンの処理能力にかかわる大きな役割を担っています。CPU の性能はパソコンの性能にも直結するため、低スペックなものは避けるべきです。

    具体的に言うと、最低でも「インテル®sup> Core™ i5 以上」もしくは「AMD Ryzen™ 5 以上」をおすすめします。高性能 CPU はプログラムの実行速度が速いため、予算がある場合はひとつ上のグレードも検討しましょう。

  • arrow

    メモリは 8 GB 以上

    パソコンのデータや処理を一時的に保存するメモリは、容量が大きいほど作業を多くこなすことができます。とくにプログラミングの開発では、コードを書く以外にもローカル環境で Web サーバーを立ち上げるなど、さまざまな動作を同時に実行しなければなりません。

    そのため、最低でも 8 GB のメモリが必要になります。ただし作業環境によっては 8 GB では足りないケースもあるため、16 GB 以上を確保するとより快適なプログラミング環境が実現できます。

    もし現状で大容量メモリが必要ない場合は、メモリを増設ができるパソコンを選ぶのがおすすめです。あとでメモリの容量不足になったとしても、臨機応変に対応できます。

  • arrow

    ストレージは SSD 256 GB 以上

    パソコンのデータ保存領域であるストレージには、HDD と SSD の 2 種類があります。HDD は大容量でも安価である点が魅力ですが、プログラミングには処理速度が速い SSD がおすすめです。

    容量は最低でも 256 GB は確保しつつ、予算が許せば 512 GB も検討してみてください。もしくは、容量確保と高速起動が実現する SSD + HDD のデュアルストレージもおすすめです。

  • arrow

    プログラミングの分野
    によっては GPU が必要

    一般的なアプリ開発では必要ありませんが、AI (人工知能) や機械学習、ゲーム開発等でプログラミングをする場合、高速に計算処理を行ってくれる GPU が必要です。

    GPU は主に、NVIDIA® 製の「GeForce®」や「Quadro®」、AMD 製の「Radeon™」があります。Quadro® は業務向け、Radeon™ は計算を行うために必要なツールが少ないという観点から、プログラミングには GeForce® シリーズがおすすめです。

    近年ではデスクトップだけではなく、ノートブックにも高性能 GPU を搭載しているモデルもあるため、パソコンを選ぶ際にチェックしてみてください。

  • arrow

    Webアプリやサービスの開発なら
    ミドルグレードでも快適

    ソフトを開発するときは、できるだけ性能の高いパソコンを使用することをおすすめします。プログラムが正常に動作するかどうかなど、さまざまなチェックが必要で、それには高い性能を求められることがあるのです。とくに高機能なソフト、ゲームなどのプログラミングなら高性能パソコンがよいでしょう。

    しかし、WebアプリやWebサービスなどの開発であれば、それほど高い性能は求められません。どういったスマートフォンやパソコンでも変わらずに動作することを重視するため、性能的にはミドルグレードクラスのパソコンでも、問題なくプログラミングが可能です。

ゲーミングパソコンはプログラミングに使える?

ゲーミングパソコンはプログラミングに使える?

Web サービスやアプリ開発等のプログラミングでは、ゲーミングパソコンほどのスペックを必要としません。3D ゲームの制作・人工知能・データ解析のような、大量で高速な演算処理を求められるプログラミング開発環境も、ゲーミングパソコンと同等程度のスペックになることがあります。 そのため大半のケースで、ゲーミングパソコンをそのままプログラミング作業に活用可能です。しかもゲーミングパソコンの多くは、高性能な GPU を搭載しているモデルがほとんどです。 ただし、CPU や GPU の性能次第ではスペック不足になってしまうケースもあるため、きちんとスペックを確認してから選ぶことが大切となります。

プログラミング用パソコンを選ぶ際の注意点

日々の開発作業でストレスを増やさないためにも、パソコン選びは重要な要素です。新しくパソコンを購入する際には、事前にいくつかのポイントに注意しなければなりません。 そこで最後に、プログラミング用のパソコンを選ぶ際の注意点を紹介します。購入後に後悔のない選択をすることが重要です。

  • arrow

    スペックの低いパソコンは選ばない

    低スペックのパソコンを選んでしまった場合、プログラミングはできたとしても、快適に作業ができない問題が起こる可能性があります。処理が停滞して動作が重くなったりすると、ストレスの原因にもなり兼ねません。

    貴重な開発時間を快適にするためには、使いやすくて作業効率が高い環境を構築することが大切です。予算に合わせながらスペックを妥協しないことをおすすめします。

  • arrow

    中古パソコンを選ぶ際には
    状態をチェックする

    新品でパソコンを購入する以外にも、中古品のパソコンを購入するという選択肢もあります。新品価格には手が届かないと感じている場合も、中古品なら予算を抑えてプログラミング用パソコンを購入することも可能です。

    しかし、中古品の場合は補償がないケースも多いため、購入前の状態チェックが欠かせません。性能面だけではなく、バッテリーの不具合や各種欠陥がないかの確認も必要となるため注意しましょう。

  • arrow

    BTO パソコンも検討する

    完成品のパソコンとは違い、CPU やメモリ、ストレージなどの構成を自分好みにカスタマイズできるパソコンを「BTO パソコン」と呼びます。予算や用途に合わせて構成を決定できるため、自分仕様のパーツ構成にできる点がメリットです。

    レノボでは BTO と呼ばれているパソコンを、CTO (Configuration to Order) という名称で呼んでいます。主に Think ブランドと Lenovo ブランドが対応しており、この中から選択するのも良いでしょう。

    完成品よりもコストパフォーマンスの面で優れている傾向にあるため、プログラミン仕様に合わせてカスタマイズしたい方におすすめです。ただ、ある程度のパソコン知識が必要となるため、初心者の方は完成品のほうが無難と言えます。

プログラミングにおすすめのパソコンをチェック!

プログラミングに適したパソコン選びのポイントをもとに、さまざまな製品の中から自身に適したものを見つけてみまBしょう。ノートブックとデスクトップパソコンの検討から、コストパフォーマンスや高性能など、さまざまな視点からパソコンを選んでください。 参考のためプログラミングにおすすめできるLenovoのパソコンを紹介します。

  • arrow

    気軽にはじめるなら
    コスパのよいノートブック

    IdeaPad Slim 170 15.6型

    IdeaPad Slim 170 15.6型

    プログラム初心者で、どういったパソコンが適しているのかわからない人は、コストパフォーマンスを重視して選んでみましょう。Webアプリやサービスの開発であれば、初心者でも取りかかりやすいうえに、パソコンに高い性能を求められないのがメリットです。プログラムに慣れてきたら、必要なスペックなどをもとにして自身に合ったパソコンを選びましょう。

    IdeaPad Slim 170 15.6型はディスプレイが大きくて見やすいうえに、価格が安いのがポイントです。プログラミングでは文字の見やすさが重要です。15.6型はノートブックとしては大きなディスプレイで、とても文字が見やすくなっています。

    CPUやメモリ容量も必要十分で、すぐに物足りなさを感じることはないでしょう。プログラムをはじめる最初の1台としておすすめです。

  • arrow

    高性能ノートブックで快適!
    ストレスなく使える

    Yoga 9i Gen 8 14型

    Yoga 9i Gen 8 14型(第13世代Intel® Core™)

    ストレスなくプログラミングを行うのであれば、高性能なノートブックが必要です。プログラミングでは高い負荷のかかる作業がいくつもあり、さまざまな場面でパソコンに高い性能を求められます。負荷の高い作業を行うたびにパソコンの性能が低下し、ほかの作業に支障が出るのはストレスの原因になります。プログラミングを行うときは集中力が途切れないよう、できるだけストレスのかからない環境が必要です。

    高性能ノートブックには、Yoga 9i Gen 8 14型がおすすめです。グラフィック性能の高いGPUを内蔵するインテルのCPUを搭載しているほか、メモリ容量、ストレージ容量も十分に余裕があります。また、薄型で持ち運びやすいため、作業場所を移動しやすいのもポイントです。いつでもストレスのない、快適な環境でプログラミングに取り組めます。

  • arrow

    3Dゲームのプログラミングも可能!
    ゲーミングノートブック

    IdeaPad Gaming 370i 16型

    IdeaPad Gaming 370i 16型

    ゲームのプログラムをしたいのであれば、少なくとも開発するゲームが動作する程度の性能が必要です。担当するプログラムにもよりますが、ゲームよりもスペックの低いパソコンでは、ちゃんと動作するのかどうかを確認できないのです。

    おすすめなのが、ゲーミングPCを購入することです。ゲーミングPCはゲームに最適化しているパソコンなので、性能不足で悩むことはありません。気にすることなくゲームのプログラミングを行えます。

    まずは手ごろな価格のゲーミングPCで、プログラムをはじめてみましょう。IdeaPad Gaming 370i 16型は決して高価格ではありませんが、最新のゲームにも対応できるだけの性能を持ったゲーミングノートPCです。CPUなどの発熱もしっかりと冷却できるため、高温でも安定した動作を期待できます。

  • arrow

    どこでもプログラミングができる
    軽量ノートブック

    ThinkBook 13s Gen 4

    ThinkBook 13s Gen 4

    どこにいてもプログラミングに取り組みたい、というプログラム好きなら、軽量なノートブックはいかがでしょうか。ディスプレイのサイズが小さくなるため、見やすさは損なわれるかもしれませんが、その代わり持ち運びやすくなるため、いつでもどこでもノートブックを持って行ってプログラミングができます。

    本格的な作業をするのではなく、サブのパソコンとしての活用もおすすめです。そのときどきで作業場所が変えられるため、気分転換にぴったりです。プログラムをもっとアクティブに楽しみたい方には、ThinkBook 13s Gen 4はいかがでしょうか。13.3型とディスプレイは小型ですが、臨時の作業であれば十分なサイズ。外出をしていると気になるのがバッテリーの持続時間ですが、最大約17.8時間という長時間バッテリーを搭載しているため、半日以上の外出でも安心です。

  • arrow

    大画面でプログラムをするなら
    デスクトップが最強!

    ThinkCentre Neo 50s Small Gen 3

    ThinkCentre Neo 50s Small Gen 3

    ノートブックだとディスプレイが小さくなってしまうのは、持ち運びをするという前提があるため仕方ありません。ディスプレイを追加してマルチディスプレイ環境にもできますが、接続できるディスプレイの台数に限りがあります。また、4Kディスプレイを複数台接続できるものも多くはないでしょう。

    プログラミング環境を少しでも快適にしたい、見やすいディスプレイを使いたいという方には、デスクトップパソコンがおすすめです。高解像度ディスプレイを2台接続して快適にプログラミングに取り組めます。

    プログラミング環境が快適になるデスクトップパソコンとしては、ThinkCentre Neo 50s Small Gen 3がおすすめです。4Kに対応するディスプレイ端子(HDMI、DisplayPort)をふたつ備え、快適なプログラミング環境を実現可能です。

まとめ

プログラミン用のパソコンを購入する際には、まず開発言語に合わせた OS を選びましょう。パソコンの種類は非常に多いため、初心者の方は購入予算を抑えられる Windows パソコンをおすすめします。 また、より快適な作業環境を実現させるためにも、パソコンのスペックは重要です。AI や機械学習の分野については、GPU 性能も求められるため注意してください。 レノボでは、プログラミング作業に最適なパソコンを多くラインアップしています。拡張性の高いデスクトップから、携帯性抜群のハイスペックノートブックまで販売中です。もちろん Windows11 に対応したモデルも展開しています。 プログラミング用のパソコンを購入する際には、ぜひレノボ製品を検討してみてください。

パソコンの買い替え時期はいつ?購入から何年がおすすめのタイミング?

パソコンの買い替え時期はいつ?
購入から何年がおすすめのタイミング?

BTOパソコンのメリットとは?カスタマイズのポイントや注意点を解説

BTOパソコンのメリットとは?
カスタマイズのポイントや注意点を解説

おすすめはどれ?失敗しないテレワーク用の パソコンの選び方

おすすめはどれ?
失敗しないテレワーク用のパソコンの選び方

プログラミングに最適なパソコン選び方!必要スペックや注意点を徹底解説

プログラミングに最適なパソコン選び方!
必要スペックや注意点を徹底解説

クリエイターのパソコンはデスクトップ?ノート?どっちがおすすめ?

クリエイターのパソコンはデスクトップ?ノート?どっちがおすすめ?

 初心者でも簡単!動画編集用パソコンの選び方

初心者でも簡単!
動画編集用パソコンの選び方

open in new tab
© 2024 Lenovo. All rights reserved.
© {year} Lenovo. All rights reserved.
製品を比べる  ()
x