デスクトップパソコンのおすすめは?コスパ最強モデルも紹介

おすすめ製品
おすすめの検索結果
販売価格:
全てのサイト内で検索
言語
フランス語
英語
ไทย
ドイツ人
繁體中文
国・地域
Hi
All
ログイン
language Selector,${0} is Selected
新規会員登録
新規会員登録

会員ランク「プロ」特典

• 対象製品が、非会員向け価格から更に最大3%OFF
• 専任担当者が御社をサポートします
• 年間30万円以上のご購入で、次の会員ランク「プラス」に進み、更にお得になります

会員ランク「プラス」特典

• 対象製品が、非会員向け価格から更に最大4%OFF
• 専任担当者が御社をサポートします
• 年間200万円以上のご購入で、次の会員ランク「エリート」に進み、更にお得になります
会員ランク「エリート」特典
• 対象製品が、非会員向け価格から更に最大5%OFF
• 専任担当者が御社をサポートします
リセラー特典
• Lenovo の全製品を確認いただけます。
• Lenovo.com よりもお得な価格にてご購入可能
詳しくはこちら >
の追加購入でランクアップ >>
PRO Plus
PROエリート
おめでとうございます。エリートレベルに到達しました。
Pro 法人専用ストア
Delete icon Remove icon Add icon Reload icon
TEMPORARILY UNAVAILABLE
直販での販売は終了いたしました。
一時的に販売不可
Cooming Soon!
. Additional units will be charged at the non-eCoupon price. Purchase additional now
We're sorry, the maximum quantity you are able to buy at this amazing eCoupon price is
カートを保存するには、Lenovo IDでサイン イン。もしLenovo IDをお持ちでないお客様は新規ご登録いただく必要がございます。
サインインまたはアカウントを作成してリワードに参加する
カートを見る
カートが空です!
削除
items in cart
Some items in your cart are no longer available. Please visit cart for more details.
has been deleted
Please review your cart as items have changed.
of
Contains Add-ons
購入手続きへ進む
はい
いいえ
Popular Searches
何をお探しですか?
Quick Links
Recent Searches
Hamburger Menu
メインコンテンツにスキップする
{"backgroundColor":"#e6f4fa","sideMsg":{"t_id":"","language":{"ja":"","ja_jp":""},"id":""},"data":[{"bannerInfo":{"t_id":"Page855fb6e3-e02c-443d-ac77-85e7d75a324b","language":{"ja":"","en":"","ja_jp":"%3Cp%3E%3Cspan%20style%3D%22text-wrap%3A%20nowrap%3B%22%3E%E5%A4%8F%E3%81%AE%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%82%B9%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%83%AB%E9%96%8B%E5%82%AC%E4%B8%AD%EF%BC%81%E4%BC%9A%E5%A0%B4%E3%81%AF%3C%2Fspan%3E%3Ca%20href%3D%22%2Fd%2Fdeals%2Fpromo-offers%2F%22%20target%3D%22_self%22%20textvalue%3D%22%E3%81%93%E3%81%A1%E3%82%89%22%20style%3D%22color%3A%20rgb(41%2C%2078%2C%20149)%3B%20text-decoration%3A%20underline%3B%22%3E%3Cspan%20style%3D%22color%3A%20rgb(41%2C%2078%2C%20149)%3B%22%3E%3Cstrong%3E%E3%81%93%E3%81%A1%E3%82%89%3C%2Fstrong%3E%3C%2Fspan%3E%3C%2Fa%3E%EF%BC%81%3C%2Fp%3E"},"id":"Page855fb6e3-e02c-443d-ac77-85e7d75a324b"}},{"bannerInfo":{"t_id":"Page4ab6503c-8d67-4492-b7f9-a60a2f5458b9","language":{"ja":"","en":"","ja_jp":"%3Cp%3E%3Cspan%20style%3D%22text-wrap%3A%20nowrap%3B%22%3E%E3%81%8A%E5%BE%97%E3%81%AA%E6%8E%98%E3%82%8A%E5%87%BA%E3%81%97%E7%89%A9%E6%BA%80%E8%BC%89%EF%BC%81%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%83%AB%E4%BC%9A%E5%A0%B4%E3%81%AF%3C%2Fspan%3E%3Ca%20href%3D%22%2Fd%2Fdeals%2Fclearance%2Foffers%2F%22%20target%3D%22_self%22%20textvalue%3D%22%E3%81%93%E3%81%A1%E3%82%89%22%20style%3D%22color%3A%20rgb(41%2C%2078%2C%20149)%3B%20text-decoration%3A%20underline%3B%22%3E%3Cspan%20style%3D%22color%3A%20rgb(41%2C%2078%2C%20149)%3B%22%3E%3Cstrong%3E%E3%81%93%E3%81%A1%E3%82%89%3C%2Fstrong%3E%3C%2Fspan%3E%3C%2Fa%3E%3Cspan%20style%3D%22color%3A%20rgb(41%2C%2078%2C%20149)%3B%22%3E%3C%2Fspan%3E%EF%BC%81%3C%2Fp%3E"},"id":"Page4ab6503c-8d67-4492-b7f9-a60a2f5458b9"}},{"bannerInfo":{"t_id":"Page95c2db72-c11c-4407-a128-38b0e4ac3b95","language":{"ja":"","en":"","ja_jp":"%3Cp%3E%E5%AD%A6%E7%94%9F%E3%80%81%E4%BF%9D%E8%AD%B7%E8%80%85%E3%80%81%E6%95%99%E8%81%B7%E5%93%A1%E3%80%81%E4%BA%88%E5%82%99%E6%A0%A1%E7%94%9F%E3%81%AA%E3%82%89%E7%89%B9%E5%88%A5%E5%89%B2%E5%BC%95%E3%81%A7%E3%81%94%E8%B3%BC%E5%85%A5%E9%A0%82%E3%81%91%E3%81%BE%E3%81%99%EF%BC%81%E5%AD%A6%E7%94%9F%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%A2%E3%81%AF%3Ca%20href%3D%22%2Fstudent%2F%22%20target%3D%22_self%22%20textvalue%3D%22%E3%81%93%E3%81%A1%E3%82%89%22%20style%3D%22color%3A%20rgb(41%2C%2078%2C%20149)%3B%20text-decoration%3A%20underline%3B%22%3E%3Cspan%20style%3D%22color%3A%20rgb(41%2C%2078%2C%20149)%3B%22%3E%3Cstrong%3E%E3%81%93%E3%81%A1%E3%82%89%3C%2Fstrong%3E%3C%2Fspan%3E%3C%2Fa%3E%3C%2Fp%3E"},"id":"Page95c2db72-c11c-4407-a128-38b0e4ac3b95"}},{"pcInfo":"","mAndTabInfo":"","bannerInfo":{"t_id":"Pagee5d77aa8-3d56-4b8d-9a0f-93c389595476","language":{"ja":"","en":"","ja_jp":"%3Cp%3E%3Cspan%20style%3D%22text-wrap%3A%20nowrap%3B%22%3E%3C%2Fspan%3E%3C%2Fp%3E%3Cp%3E%E3%81%8A%E9%9B%BB%E8%A9%B1%E8%B3%BC%E5%85%A5%E7%9B%B8%E8%AB%87%E7%AA%93%E5%8F%A3%20%E2%98%8E%20%E6%B3%95%E4%BA%BA%3A0120-148-333%E3%80%80%E6%B3%95%E4%BA%BA%E5%B0%82%E7%94%A8%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%A2%E4%BC%9A%E5%93%A1%E7%99%BB%E9%8C%B2%20(%E7%84%A1%E6%96%99)%20%E8%A9%B3%E7%B4%B0%E3%81%AF%3Ca%20href%3D%22%2Fbusiness%2Fbenefits%2F%22%20target%3D%22_self%22%20textvalue%3D%22%E3%81%93%E3%81%A1%E3%82%89%22%20style%3D%22color%3A%20rgb(41%2C%2078%2C%20149)%3B%20text-decoration%3A%20underline%3B%22%3E%3Cspan%20style%3D%22color%3A%20rgb(41%2C%2078%2C%20149)%3B%22%3E%3Cstrong%3E%E3%81%93%E3%81%A1%E3%82%89%3C%2Fstrong%3E%3C%2Fspan%3E%3C%2Fa%3E%3C%2Fp%3E"},"id":"Pagee5d77aa8-3d56-4b8d-9a0f-93c389595476"},"gInfo":""},{"pcInfo":"","mAndTabInfo":"","bannerInfo":{"t_id":"Pageca75713d-e7b9-4268-900a-24b8e2faa277","language":{"ja":"","en":"","ja_jp":"%3Cp%3EJACCS%E5%88%86%E5%89%B2%E6%89%95%E3%81%84%E3%81%A7%E3%80%81%E6%9C%88%E9%A1%8D1%2C000%E5%86%86%E3%81%8B%E3%82%89PC%E8%B3%BC%E5%85%A5%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B%EF%BC%81%E8%A9%B3%E3%81%97%E3%81%8F%E3%81%AF%3Ca%20href%3D%22%2Fpartner%2Fjaccs-tejun%2F%22%20target%3D%22_self%22%3E%3Cspan%20style%3D%22color%3A%20rgb(41%2C%2078%2C%20149)%3B%22%3E%3Cstrong%3E%E3%81%93%E3%81%A1%E3%82%89%3C%2Fstrong%3E%3C%2Fspan%3E%3C%2Fa%3E%3C%2Fp%3E"},"id":"Pageca75713d-e7b9-4268-900a-24b8e2faa277"},"gInfo":""}],"autoRun":true,"displayTerminal":"pc"}
ホーム > 特集コーナー > PC全般 > デスクトップパソコンのおすすめは?コスパ最強モデルも紹介

デスクトップ
パソコンのおすすめは?
コスパ最強モデルも紹介

予算に限りはあるけれど、できるだけ性能の高いパソコンが欲しいと考えている人も多いのではないでしょうか。コスパ重視でパソコンを選ぶなら、ノート型よりもデスクトップ型がおすすめです。本記事では、そんなデスクトップパソコンの中でも「コスパ最強」と言えるほどのモデルを選ぶためのポイントについて解説します。コスパに優れたパソコンを探している人はぜひ参考にしてみて下さい。


デスクトップパソコンのおすすめは?

目 次

デスクトップパソコンの魅力

モニターやキーボードなど、自分好みの周辺機器をそろえて快適な作業環境を整えることができるデスクトップパソコン。パーツの追加や換装も可能で、ノート型と比べて拡張性が高いこともデスクトップ型の魅力です。そんなデスクトップパソコンの代表的な特徴について3つ紹介します。

  • arrow

    ノートパソコンよりもスペックが高い

    デスクトップパソコンは同じ価格帯のノートパソコンと比べると性能が良いモデルが多いです。ノート型の場合はどうしてもパーツを小型化する必要があるためそこにコストを割かれてしまいます。一方、デスクトップ用のパーツは小型化する必要がないので、その分が性能差として表れています。デスクトップ型は処理能力だけでなく耐久性も高いため、一度購入すれば長く使うことができるのも魅力です。コスパ重視の人はデスクトップを選ぶと良いでしょう。

  • arrow

    好きなモニターを選べる

    好きなモニターを選べる

    デスクトップパソコンは好きなサイズや解像度のモニターを自由に選ぶことができます。ノートパソコンは持ち運びを前提としているため、大きいものでも17インチ以下のモデルが主流。一方、デスクトップパソコンは据え置いて使うため、必要に応じて大きなサイズを選ぶことも可能です。ゲームなら迫力が増しますし、仕事でも表示領域が増えるため作業効率も向上するでしょう。解像度や応答速度なども幅広いラインアップが用意されているため、モニターにこだわりたい人はデスクトップがおすすめです。

  • arrow

    拡張性・カスタマイズ性が高い

    拡張性・カスタマイズ性の高さもデスクトップパソコンの魅力の一つ。デスクトップ型ならパソコンを使っていてスペック不足を感じたり、パーツに不具合が発生したりといった場合にパーツ単位での買い替えが可能です。一般的に、パソコンは一度購入すると少なくとも数年は使い続けるものであるため、使っているうちに新しい用途が出てくることも珍しくありません。ユーザーのニーズに合わせて自由にカスタマイズできるのは、デスクトップ型ならではの魅力と言えます。

コスパ重視ならパソコンの用途に応じたスペックを

デスクトップパソコンのスペックは主に、CPU、メモリー、ストレージで決まります。これらのパーツについて、どの程度のグレードのものが搭載しているかによってパソコンの処理能力や価格が異なるため、コスパ重視ならパーツ選びが重要。全ての人がハイグレードなパソコンを必要としているわけではありません。場合によってはオーバースペックとなることもあるので、まずはパソコンを使って何をしたいのか考えてみましょう。 用途によって必要なスペックは異なり、例えばWebサイトの閲覧や簡単な事務作業程度であればCPUは「Core i3~i5」、メモリーは「4~8GB」ストレージは「SSD 256GB」程度でも十分でしょう。自分に必要なスペックを把握し、その中から価格の安いモデルを選ぶことがコスパ最強のパソコンを選ぶことにつながります。

デスクトップパソコンを選ぶ時に必ずチェックするポイント

デスクトップパソコンを選ぶ時に必ずチェックするポイント

パソコンにあまり詳しくない人にとっては、数あるパソコンの中から自分に最適なモデルを選ぶことは難しいと感じるかもしれません。しかし、どのような項目をチェックすれば良いか知っているだけでも、パソコン選びがグッと楽になります。ここでは、デスクトップパソコンを選ぶ時に必ずチェックすべきポイントについて解説します。

  • arrow

    種類・形状

    デスクトップパソコンの種類はその形状によって、大きく次の3種類に分類されます。

    • 一体型(モニター一体型)
    • タワー型
    • 省スペース型

    それぞれの特徴について見ていきましょう。

    ● 一体型(モニター一体型)

    一体型とは、モニターとパソコン本体が一体化したもののことを言います。一般的なデスクトップパソコンの、本体ケースが無いものをイメージすると良いかもしれません。モニターの裏側にCPUやストレージ、メモリーなどを搭載しており、本体ケースが無い分、広いスペースがなくても設置することが可能です。

    ● タワー型

    タワー型とは、筐体の中にCPUやストレージなどを設置し、据え置いて使うことを前提としたモデルです。筐体は比較的大き目なものも多く、設置するにはある程度の高さやスペースが必要。パーツ同士の間に空間を設けることができるため排熱性に優れ、簡単にパーツの交換ができるなど拡張性が高いこともタワー型の特徴としてあげられます。

    ● 省スペース型

    省スペース型とは、その名の通りタワー型よりもコンパクトな筐体に各パーツを設置したタイプのこと。ミニタワー型、キューブ型、ミニ型などとさらに細分化して呼ばれることもありますが、共通しているのは設置スペースが少なくて済むという点です。性能や拡張性はタワー型に劣りますが、比較的安価で見た目もすっきりしているので、オフィス用パソコンとして使われることもあるようです。

  • arrow

    OS

    OS

    OSとは、パソコン全体の動作を管理するソフトウエアのことで、パソコンを使う上では必須です。OSには Windows、macOS、ChromeOSなどがありますが、コスパ重視なら Windows がおすすめです。それぞれの特徴について簡単に解説します。

    ● Windows

    Windows は世界中で高いシェア率を誇るOSです。企業での導入実績も多く、使用できるソフトウエアが多いのも Windows の特徴です。パソコンゲームに関しても Windows は他のOSと比べると対応しているタイトルが多く、ゲームを楽しみたい人は Windows を選ぶと良いでしょう。

    ● MacOS

    MacOSは、iPhoneやiPadなどを製造・販売しているAppleが提供しているOSで、パソコンに不慣れな人でも直感的に操作できるという特徴があります。デザイン性の高さにおいても高い人気を誇り、普段Apple製品を使用している人にとってはパソコンと各デバイスの親和性が高く、利便性を感じられるでしょう。

    ● ChromeOS

    ChromeOSは、Googleが設計したOSでLinuxをベースとしています。ChromeOSはオンラインでの使用を前提としており、専用のソフトをダウンロードしなくても、さまざまな作業をオンライン上で行うことが可能です。ゲームやクリエイト作業など高い負荷がかかる使い方には向いていませんが、Androidスマホと同じアプリを使用できるなど、ChromeOSならではのメリットも持っています。

  • arrow

    CPU

     CPU

    CPUはパソコンの頭脳に相当する重要パーツです。CPUの性能はパソコン全体の処理能力に影響し、CPUの性能が高いほど高性能なパソコンであると言うことができます。主なCPUにはIntelの「Core i」シリーズや、AMDの「Ryzen」シリーズがあり、同じ世代のCPU同士であれば製品名の末尾の数字が大きいほどグレードが高いことを意味します。高性能なCPUを搭載したパソコンは処理能力が高いものの、価格も高価になりがち。コスパ重視で選ぶなら、必要以上に高スペックなCPUを選ぶのではなく、目的や用途に合わせて適切なグレードを選ぶことが大切です。

  • arrow

    メモリー(RAM)

    メモリー(RAM)は、データを一時的に記憶するためのパーツで、メモリー容量の大きさはパソコンの処理速度に影響します。メモリー容量が大きければ同時に複数の処理を実行することができ、重い処理でもサクサクと動作させることが可能。軽めの作業しかしないのであれば4~8GB程度のメモリー容量でも問題ない場合も多いですが、ゲームや動画編集など比較的重い処理を行う予定なら、最低でも16GB以上は欲しいところです。メモリーに関しても用途に応じて適切な容量のものを選びましょう。

  • arrow

    ストレージ

    ストレージは、さまざまなデータを保存するためのパーツです。OSやユーザーが保存するデータは全てこのストレージに格納されます。ストレージにはSSDとHDDの2種類があるため、それぞれの特徴について解説します。

    ● SSD

    SSD(Solid State Drive)はデータを記憶しておくためのパーツです。メモリーチップにデータの読み書きを行うため、HDDと比べてデータの書き込み・読み込み速度が高速という特徴があります。また、HDDよりも揺れや衝撃に強いので、持ち運ぶ機会の多いノートパソコンのストレージはSSDが主流となっています。HDDと比べると容量当たりのコストが高いのが難点ですが、近年はSSDの価格も下がってきているので、容量の大きなモデルも以前より手に取りやすくなりました。

    ● HDD

    HDD(Hard Disk Drive)もSSDと同様、データを保存しておくためのパーツです。HDDは回転する円盤に磁気でデータを読み書きするため、SSDと比べると読み込み・書き込み速度が低速。ただし、容量当たりの単価が安いため、大容量のデータを保存するのに適しています。予算に余裕があれば全てSSDで問題ないのですが、コスパを重視するならSSDとHDDが両方搭載されたモデルを選び、OSやアプリはSSDにインストールし、画像などのデータはHDDに保存するといった使い方もおすすめです。

  • arrow

    GPU(グラフィックボード)

    GPU(グラフィックボード)

    GPU(グラフィックボード)とは、映像処理に特化した演算用のプロセッサで、GPUを搭載した拡張ボードのことをグラフィックボードと言います。一般的なパソコンではグラフィックボードが搭載されていないモデルも多く、その場合のGPUはCPUに内蔵されています。

    Webサイトや動画の閲覧程度であればグラフィックボードは不要ですが、より負荷の高い処理を行う時にはグラフィックボードが必要となることがあります。具体的には、3Dゲームや3Dモデリング、動画編集などのクリエイト作業を行う場合などはグラフィックボードがあった方が良いでしょう。高性能なGPUを搭載しているパソコンほど、グラフィックに関する処理能力が高いため、高解像度での映像を表示できたり、高FPSでゲームをプレイできたりといったメリットがあります。

その他の機能

ここからは重要度は下がるものの、デスクトップパソコンを選ぶ際にチェックしておきたいその他の機能について紹介します。

  • arrow

    ネットワークへの接続方法

    デスクトップパソコンが無線LANを経由してインターネットに接続するためには、マザーボード上に専用のモジュールが搭載されている必要があります。モデルによってはWi-Fiモジュール搭載されていないものもあるため、事前にネットワークへの接続方法についても確認しておきましょう。仮にインターネットへの接続方法が有線LANのみのモデルであっても、Wi-FiコンバーターやWi-Fiアダプターを使えば無線LANによる接続が可能です。

  • arrow

    付属ソフトの有無

    パソコンによっては最初からMicrosoft Officeなどの付属ソフトがインストールされていることがあります。付属ソフトについては後から自分で購入することができる上に、購入時点でインストール済みのモデルはソフト代が本体価格に上乗せされている可能性もあるため、コスパが良いかどうか判断が難しい部分があります。別途購入する手間をかけたくない場合は、付属ソフトがプリインストールされているモデルを選んでも良いかもしれません。

  • arrow

    その他の機能やスペック

    その他、パソコンのインターフェースなどを確認しておくことも重要です。例えば、光学ドライブの有無や端子の種類や数などはパソコンの使い勝手に影響します。また、モニター一体型のパソコンであれば購入後にモニターだけ変更することはできないため、サイズや解像度などもチェックしておきたい項目です。

用途・目的別に必要なスペックと価格の目安

コスパ重視でパソコンを選ぶなら、用途に応じて最適なスペックのモデルを選ぶことが重要です。そうは言っても具体的にどの程度のスペックを選べば良いか分からないという人のために、具体的な数字を示しながら用途別に最低限必要なスペックや価格の目安を紹介します。

  • arrow

    とにかく安いモデルが欲しい

    性能は控えめで良いので、とにかく安いモデルが欲しいという場合は6万円以下のモデルを中心に選ぶと良いでしょう。用途としてはメールやWebサイトの閲覧程度というケースが該当します。メーカーによってはこの価格帯のパソコンは取り扱いがない場合もありますが、CPUはCore i3~i5、メモリーは4~8GB、ストレージは128GB程度でも十分でしょう。

  • arrow

    課題の作成や軽めの仕事で使いたい

    そこまでハイスペックなパソコンは必要ないけれど、大学の課題作成や軽めの仕事ができるようなパソコンが欲しいという場合は、5~10万円のモデルを中心に選ぶと良いでしょう。調べものをしながら課題を作成したり、テレワークでオンライン会議に参加したりする場合、複数のアプリを同時使用する機会があるかもしれません。その場合はある程度のスペックが必要となるため、CPUはCore i5以上、メモリーは8GB以上、ストレージは256GB以上が目安となります。

  • arrow

    ゲーミングや
    クリエイティブ用途で使いたい

    ゲーミングやクリエイティブ用途で使いたい

    ゲーミングやクリエイティブ用途でパソコンを使いたいとう場合は、10万円以上のモデルを検討しましょう。3Dゲームなどに対応したグラフィックボードが搭載されたパソコンであれば、エントリークラスでも15万円以上することがほとんどです。CPUやメモリーも高性能なものが求められるため、価格帯は他の用途よりも高くなります。CPUはCore i5以上、メモリーは16GB以上、ストレージは500GB以上を目安にすると良いでしょう。

コスパ最強のおすすめデスクトップパソコン

ここまでコスパ重視のパソコンの選び方について解説してきました。それでもやはり、多くのパソコンの中から最適な製品を見つけるのは大変だと感じる人もいるかもしれません。そんな人のために、Lenovoのパソコンの中からコスパに優れたデスクトップパソコンを4点厳選して紹介します。まだ欲しいパソコンが決まっていない人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

  • arrow

    ThinkCentre Neo 50s Small Gen 4

     ThinkCentre Neo 50s Small Gen 4

    ThinkCentre Neo 50s Small Gen 4

    1点目は「ThinkCentre neo 50s Small Gen 4」。ビジネス向けのミニタワーで、省スペースで設置することができます。第13世代のインテルCoreプロセッサーを搭載し、最大64GBのDDR4メモリー、SATA HDD+PCIe NVMeのSSDを選択することができます。コンパクトながらもさまざまなタスクを容易にこなすことが可能で、高いパフォーマンスを期待できるでしょう。価格は約8万円です。

  • arrow

    ThinkCentre neo 50q Tiny Gen 4

    ThinkCentre neo 50q Tiny Gen 4

    ThinkCentre neo 50q Tiny Gen 4

    3点目は「ThinkCentre neo 50q Tiny Gen 4」。プロセッサーは第13世代のインテルCore i5を、16GBのメモリーと、256GB(PCIe NVMe/M.2)の SSDを搭載しています。コンパクト型と呼ばれるタイプで、大きさは無線LANルーターほどしかありません。狭い場所にも設置することができ、耐久性にも優れているので本体を持ち運ぶといった使い方も可能です。USB Type-CやHDMIなど基本的なインターフェースは一通り備わっており、ニーズに合わせてカスタマイズできるオプションポートも搭載。価格は約6万5,000円です。

  • arrow

    Legion Tower 5i Gen 8

    Legion Tower 5i Gen 8

    Legion Tower 5i Gen 8

    4点目は「Legion Tower 5i Gen 8」。第13世代のインテル Coreプロセッサーを搭載した、パワフルなゲーミングデスクトップです。NVIDIAの人気グラフィックボードであるGeForce RTXシリーズを搭載しており、3Dゲームも快適にプレイすることができるでしょう。また、高速なDDR5メモリーと高速な512GB(PCIe NVMe/M.2)のSSDを搭載しており、ゲーム用途としてだけでなく、ビジネス用途としても高いパフォーマンスを発揮します。価格は約15万円です。

まとめ

デスクトップパソコンは持ち運びこそできないものの、ノート型よりも性能が高く、周辺機器も自分好みの使いやすいものをそろえられる点が魅力です。また、拡張性やメンテナンス性も高く、コスパ重視で選ぶならデスクトップパソコンを選ぶのがおすすめです。パソコンを選ぶ際はCPUやメモリー、ストレージなどの性能を総合的に判断する必要がありますが、コスパ重視で選ぶ際に最も重要なのは、目的や用途に合ったスペックのモデルを選ぶということです。まずはどのような用途でパソコンを使おうとしているのか再確認し、最低限必要なスペックを満たすパソコンの中から価格の安いモデルを選ぶと良いでしょう。

ノートブックとデスクトップパソコンの違いを比較|自分にぴったりなのはどっち?

ノートブックとデスクトップパソコンの違いを比較
自分にぴったりなのはどっち?

一体型デスクトップパソコンとは?タワー型との違いや特徴・選び方を解説!

一体型デスクトップパソコンとは?
タワー型との違いや特徴・選び方を解説!

安いデスクトップパソコンを買いたい人は必見!失敗しない選び方を徹底解説

安いデスクトップパソコンを買いたい人は必見!
失敗しない選び方を徹底解説

デスクトップパソコンのおすすめを紹介!選ぶときのポイントをチェック

デスクトップパソコンのおすすめを紹介!
選ぶときのポイントをチェック

初心者向けデスクトップPCの選び方!ノートブックとどちらがおすすめ?

初心者向けデスクトップPCの選び方!
ノートブックとどちらがおすすめ?

デスクトップパソコンの価格は高い?安い?選ぶポイントを解説

デスクトップパソコンの価格は
高い?安い?選ぶポイントを解説

open in new tab
© 2024 Lenovo. All rights reserved.
© {year} Lenovo.All rights reserved.
製品を比べる  ()
x