Explore Close
0120-80-4545

Lenovo SE450 Edge AIサーバー

Lenovo ThinkEdge SE450

Lenovo ThinkEdge SE450でエッジにAIのパワーを解放する

レノボの堅牢でコンパクトな新エッジ・サーバーは、処理能力、セキュリティおよびエッジ・サイトのリモート管理性が強化されており、エッジでのAIワークロードを可能にします。

概要

Lenovo

エッジにAIソリューションを提供

適切な意思決定を行うために、エッジでAIワークロードを実行してコンスタントにインサイトを獲得することが必要とされています。ここで課題となるのが、エッジのデータ処理能力です。

ThinkEdge SE450は、第3世代インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーを搭載した1ソケット・サーバーです。高さは2Uで、ケースの奥行きが短いため、壁面に取り付けたり、棚に積み重ねたり、ラックに置いたり、どこにでも設置できます。5~45°Cでの動作に対応し、埃や振動が多く発生する環境でも高い性能を発揮します。

従来のITアプリケーションだけでなく、新しい変革をもたらすAIシステムを仮想化できるように設計されたThinkEdge SE450は、最新のエッジ・ワークロードに必要な処理能力、ストレージ、アクセラレーター、ネットワーク技術を提供します。このThinkEdge SE450は、レノボの大胆な革新性によって、市場の中でも最もパワフルかつ静かなサーバーの1つとなっており、エンドユーザーの隣に設置しても職場環境を乱すことはありません。

レノボは、バルセロナをスマートシティへと変貌させ、市民の生活と訪れる人の利便性を向上させています

都市と私たちの関わり方を変えるレノボのテクノロジーをご覧ください。レノボはバルセロナ市議会およびCellnexと連携し、エッジ・コンピューティングを提供しました。この事例から、私たちの未来がどのようになるのかを垣間見ることができるでしょう。

ビデオを見る(英語)
Lenovo ThinkEdge SE450

Lenovo ThinkEdge SE450により、5G RANとMECアプリケーションを実現

インテルのCERA(Converged Edge Reference Architecture)を基に構築され、第3世代インテル® Xeon®スケーラブル・プロセッサーを搭載したLenovo ThinkEdge SE450は、CoSPや企業の5Gネットワーク変革に役立ちます。

Lenovo ThinkEdge SE450

インテル® Selectソリューションfor vRAN on Red Hat

最新の第3世代インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーを搭載したLenovo ThinkEdge SE450は、インテル® Selectソリューション for Virtual Radio Access Network (vRAN) on Red Hatの厳しい要件を満たしており、柔軟なパフォーマンスと堅牢なセキュリティを提供します。

ご質問やご相談はこちらから

レノボの担当者が折り返しご連絡いたします。