Search
 
 

ニュース

レノボ、13型画面のクラスで最軽量、最薄型のノートブックPC「ThinkPad X300」を発表

   

〔2008年2月26日〕

レノボ・ジャパン株式会社(本社・東京都港区、社長・天野総太郎)は本日、ThinkPad®の従来の堅牢性を維持し、完全な機能を搭載した、13型画面のクラスで最軽量、最薄型のノートブックPC「ThinkPad X300」を発表しました(*1)。

最も薄型で、最もモビリティ(携帯性)に優れた「ThinkPad X300」は、その一番薄い部分で単3電池の約半分、18.6mmを実現しています。さらに新製品は、ソリッドステート・ドライブ(SSD)、LEDバックライト付きの液晶ディスプレイ、長時間のバッテリー・ライフなど、数多くの業界をリードする革新的なテクノロジーが実装されています。また、ThinkPad X300はその優れた環境属性により、EPA(米国環境保護庁)のEPEAT(Electronic Products Environmental Assessment Tool: 電子製品環境アセスメント・ツール)で「Gold」に認定されたノートブックで、低電圧プロセッサーを搭載するなど、環境に配慮したテクノロジーを搭載しています。

最大限のモビリティとパフォーマンスを実現するデザイン: 多様なニーズに答えるThinkPad X300は、軽量性と長時間のバッテリー・ライフの最高のコンビネーションで、卓越した携帯性を実現するレノボの薄型軽量のデザインと、DVDマルチバーナなどモバイル・ユーザーの生産性向上に求められる幅広い機能が統合された製品です。重量は最低1.33Kg(オプティカルなし)/1.42Kg(オプティカルあり)で、バッテリー・ライフは、最長8.2時間(Windows Vista版、オプティカルなし、6セルと3セルのオプション・バッテリー搭載時)を実現しています。コンパクトで携帯性に優れたデザインでありながら、ThinkPad X300ノートブックは数々の革新的な機能を搭載。モバイル・コンピューティングに対するユーザー・ニーズを満たします。

強化されたマルチメディア機能: ThinkPad X300ノートブックは、モバイル・マルチメディア機能をサポートする、7mmのスリムなDVDマルチバーナを標準装備しています。また、ステレオスピーカー、デジタルマイクやカメラなども含まれています。

卓越した堅牢性: ThinkPad X300ノートブックは最先端のカーボン、グラスファイバ、マグネシウムなどの素材を採用しています。また、ThinkPad Xシリーズで初めて採用された次世代Roll Cageは、モバイル環境で起こりうるノートブックの落下などから本体を保護します。これらの素材は、軽量な構造補強材として航空機やF1レースカーなどにも使われています。

パフォーマンスおよびデータ保護の強化: ThinkPad X300は、1.8インチ64GBソリッドステート・ドライブ(SSD)を搭載したクラス初のノートブックです。旧モデルが搭載している2.5インチHDDの2倍以上のパフォーマンスを提供します(*2)。取り外し可能な部品をなくすことにより、4倍の衝撃抵抗力、優れた電力効率、大幅な軽量化を実現。さらに、新製品は、最新のインテル® Core™2 Duoプロセッサを実装し、最大4GBのメモリの搭載が可能で、ThinkVantageテクノロジーをサポートしています。

よりクリアで精細な画面: ThinkPad X300の13型LEDバックライトを採用したWXGA+ 高解像度液晶ディスプレイ (1440x900)は、従来の液晶ディスプレイに比べて消費電力を25~80%を削減しつつ、より明るい画面を実現しています。

エンタープライズレベルのセキュリティ: 指紋センサー、I/Oポートの無効化、32バイトのパスワード保護などの標準的なセキュリティ機能を搭載しつつ、データ保護と許可されていないアクセスなどへの階層化セキュリティアプローチを採用しています。

環境を考えた設計: EPEAT(Electronic Products Environmental Assessment Tool: 電子製品環境アセスメント・ツール)の「Gold」に認定されたThinkPad X300は、業界でも最も環境に配慮したPCとして注目されています。ThinkPad X300ノートブックは、エネルギー効率の高いソリッドステート・ドライブやヒ素を含まないLCDガラス、水銀を使用していない液晶ディスプレイなど、様々な有害物質を低レベルに抑え、環境を考慮したテクノロジーを搭載しています。効率のよい液晶ディスプレイは、従来のThinkPad X61より25%、ThinkPad T61より35%優れたエネルギー効率を実現しています。

さらに、ThinkPad X300ノートブックは最新のインテル® Core™2 Duoプロセッサ・テクノロジー、最大4GBのメモリなどで生産性を高めると同時に、PCのTCO(総保有者コスト)削減を実現するレノボのユニークなハードウェア/ソフトウェア・アプリケーションThinkVantage テクノロジーのすべてを搭載しています。

ThinkPad X300、北京五輪の世界聖火リレーに同行 新製品 ThinkPad X300ノートブックは、2008年3月にスタートする北京五輪の聖火リレーにおいて、最も過酷なモバイル環境で実地テストされることになります。北京五輪組織委員会のメンバーおよびその他の五輪スポンサーは、ThinkPad X300ノートブックによって世界130以上の都市における聖火リレー拠点を管理して世界中のファンとコミュニケーションを図り、個々の体験を記録します。

尚、レノボ・ジャパンでは、新製品「ThinkPad X300」を、「ThinkVantage Plaza週末展示会」ならびに「タッチ&トライ イベント」を下記の日程で開催いたします。最新の製品を間近でご覧になっていただき、実際に触れていただく絶好の機会です。

「ThinkVantage Plaza週末展示会」    日時: 2008年3月1日(土)・ 2日(日)11:00~17:00   会場: 「ThinkVantage Plaza」 東京都中央区日本橋箱崎町19-21   地図: http://www.ibm.com/jp/pc/tvplaza/

「タッチ&トライ イベント」    日時: 2008年3月15日(土)・ 16日(日)10:00~19:00   会場: JR東京駅1階イベントスペース「Break」   地図: http://www.ibm.com/jp/pc/ld/1st/map.html

*1 13型画面PCを提供している主要ベンダーとの比較 - Sony、Dell、Apple、Asus、Fujitsu Siemens *2 レノボは、1.8インチ64GB SATA SSD Samsung RBXとThinkPadノートブックが使用している2.5インチRPM SATA HDの比較テストを実施

今回発表のモデル ・販売開始日:2008年2月26日(下記発表の全機種)

Lenovo、ThinkPadは、Lenovo Corporationの商標。 その他の製品名および会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

<レノボ・ジャパン ホームページ> トップページ :h ttp://www.lenovo.com/jp/ja/ プレスリリース: http://www.lenovo.com/news/jp/ja/ 製品関連情報: http://www.lenovo.com/products/jp/ja/ 製品画像ダウンロード: http://www.ibm.com/jp/pc/media/

レノボ・グループについて レノボ(Lenovo)は、LenovoグループとIBMのPC事業との統合により誕生した、革新的なインターナショナル・テクノロジー・カンパニーです。アメリカ、ノースカロライナ州ラーレイに本社を置き、信頼性が高く、高性能で、セキュリティーに優れ、使いやすい技術を持つPC製品やサービスを全世界でお届けしています。また、成長著しい市場に投資を行うと同時に、革新性、効率的な経営、高いカスタマー満足度を達成できるビジネス・モデルであることに重点を置いています。レノボは主な研究施設の所在地は、日本の神奈川県大和市、中国の北京・上海・深圳、アメリカのノースカロライナ州ラーレイです。また、レノボは、2006年トリノ、2008年北京のオリンピック・パートナーであり、2007年度シーズンの東京ヤクルトスワローズのオフィシャル・スポンサーや、F1で戦うAT&Tウィリアムズチームのトップ・スポンサーにもなっています。その他の情報についてはWebサイト: http://www.lenovo.com/jp/ja/ をご覧ください。


    ご利用条件 プライバシー お問い合わせ