Test Alt
サプライチェーン

AIがコーヒー豆の選別を改善し、最高のコーヒーを実現

コーヒーは世界中で非常に多くの人々に愛されていますが、朝の一杯のコーヒーに費やすコーヒー豆の品質管理の苦労について知る人は少ないでしょう。Lenovo AI Innovation Centerと共に、台湾とペルーの研究チームが開発した拡張知能は、このプロセスに革命的な変化をもたらします。

15世紀に人類の歴史に登場して以来、コーヒーは世界の歴史を変えてきました。その重要性は現在でも変わっていません。国際コーヒー機関の調査によると、2019年に世界中で消費されたコーヒーは220億ポンド (約10億kg) だとされています。

 

しかし、コーヒー豆の品質管理に費やされる労力はコーヒーそのものの歴史と同じくらい長く膨大なもので、その解決は長く切望されてきました。そして今回その解決策として登場したのが、台湾とペルーの研究チームがLenovoのテクノロジーとサポートを得て開発したソリューションです。

 

米国だけでも毎日1億5,000万人以上もの人々がコーヒーを飲んでいますが、そのコーヒー豆がコーヒー農家から運ばれて自分のマグカップに入るまでのプロセスがいかに大変かを知る人はほとんどいません。

完成された上質のコーヒーに様々なフレーバーがあるのと同じくらい、コーヒー豆の不具合も多岐にわたります。例えば、萎びた豆、欠けた豆、熟していない豆や、虫食い、カビ、異物混入といった問題もあります。

 

こうした不良豆は製造元で丹念に排除されなければならず、またこのプロセスを助けるために作られた既存のツールは、色や形に基づいた非常に原始的な選別方法しか実施できないという問題もあります。

 

最近まで、これは非常に労力のかかる手作業で、しかも精度は非常に低いものでした。不良豆が混合していると、ほんのわずかな量でも袋全体のコーヒー豆の風味が損なわれることもあるため、これは非常に重大な問題だったのです。

 

しかし台湾の元智大学とペルーの研究チームによって拡張知能の力を借りたソリューションが開発された今、Lenovoのハイパフォーマンスコンピューティングシステムの搭載とLenovoのAI Innovation Centerのサポートにより、この業界に救いの手を差し伸べられることとなりました。

 

「コーヒー豆の選別は非常に面倒で細かい作業なんです」と、元智大学の教授のユン・チア・リァン氏 (Yun-Chia Liang) は語ります。「私たちの目標は、労働者を排除することではなく彼らの仕事を少しでも楽にするシステムを開発することでした」

 

こうした過酷なコーヒー豆の選別プロセスに関するインサイトを提供したのが

 

ペルーチームのセザール・ベルトラン・キャスタノン教授 (César Beltrán Castañón) とクリスティアン・E・ポルトガル・ザンブラーノ博士 (Christian E. Portugal Zambrano) です。

 

「コーヒー豆を収穫するたびに、非常に過酷な労働が待っていました。労働者はただ一列に並んで不良豆を手で拾っていくのです。そこで私たちは考えたのは、この作業ができるシステムを開発できたら、検査工程の効率は確実に上がるだろう、ということです」と、リァン氏は述べました。

記事に登場したソリューション

Alt text

Lenovoアナリティクス& AI

詳しく読む

Alt text

Lenovoハイパフォーマンスコンピューティング

詳しく読む

Alt text

データセンターのソリューション

詳しく読む

Alt text

開発プロセスは複雑でしたが、システムそのものはシンプルで使いやすいものです。フィーダーにコーヒー豆を入れると、カメラがその画像を撮影します。次に、ディープラーニングAIを応用してラベリングを行い、高い精度でコーヒー豆の良し悪しを選別します。この検査と選定プロセスには、単一のアルゴリズムが使用されています。

 

ディープラーニングのモデルのトレーニングには、ペルーのCentral de Cooperativas Agrarias Cafetaleras de los Valles de Sandiaに保存されている既存のコーヒー豆のデータが使用されているため、コーヒー豆の良し悪しを選別する作業もかつてないほどスピーディに行うことができます。

 

ThinkSystemを始めとするLenovoのハイパフォーマンスコンピューティングシステムも複雑なシステムの迅速化に貢献しています。

Alt text

国際コーヒー機関の調査によると、2019年に世界中で消費されたコーヒーは220億ポンド (約10憶kg) だとされています。

「Lenovo ThinkSystemを使用する機会に恵まれましたが、コンピューティングパワーが段違いにパワーアップしますね」とリァン氏は語っています。

不良豆の問題は、収穫から出荷、配達、焙煎まであらゆる段階で発生します。ですから、コーヒー豆の選別を簡単にしてくれるテクノロジーの存在は、サプライチェーンのあらゆる工程にいる人間にとって非常に助かることは間違いありません。

 

また、結果にも途方もない差が出てくるでしょう。コーヒー豆の品質管理に成功するということは、お酢のようなコーヒーと絶妙な酸味のコーヒー、カビ臭いコーヒーとリッチなチョコレートの香りがする温かいコーヒーを選別できることを意味します。

 

このシンプルながら強力な特長は、AIがビジネスの生産性を向上させ、労働者の負担を軽減し、消費者により優れた製品を届ける手段の一つに過ぎません。これで、世界中の何百万人もの人々が一杯の美味しいコーヒーで1日をスタートできるのです。