Test Alt
医療

医師の新たな目 - 超音波をがん治療に活用するBioTrace

TechsoMedのBioTrace medicalソリューションは、長年の医学知識と革新的な技術を組み合わせながら超音波画像を用いることでがん性腫瘍の治療方法に変革をもたらすことを目指しています。LenovoのThinkStation P920は、化学療法や外科手術よりも侵襲性が低く費用もかからないサーマルアブレーション (凝固壊死治療) の処置中でも、医師が鮮明な超音波画像を確認できる装置です。

がん性腫瘍の治療は長い間、外科手術、化学療法、放射線療法に頼ってきましたが、これらは患者の体を限界まで追い込む侵襲性の高い治療法です。外科的に腫瘍を除去するには長い入院期間と回復期間、広範囲のフォローアップが必要となります。そしてもちろん、こうした標準的な治療法には数百万円単位の費用がかかり、深刻なリスクと合併症があって回復に数日から数週間を要することも少なくありません。

 

しかし近い将来、よりスマートなヘルスケアシステムによってそうした状況が変わるかもしれません。

 

医用画像を提供する会社のTechsoMedは、従来の医療方法と革新的なアルゴリズムを駆使した技術を組み合わせることで、特定の腫瘍を治療する方法に革命を起こしています。彼らが目指しているのは、サーマルアブレーションと呼ばれるあまり知られていないがん治療を主流にすること。侵襲性のごく低いこの治療法は5分以内で完了するため、合併症のリスクが少なく、回復時間が大幅に短縮され、費用も他の治療法に比べて最大10分の1以下に抑えられます。

サーマルアブレーションは、直径3cm以下の初期の腫瘍に高熱を加えて行われます。標準的なアブレーションでは超音波画像装置が映し出す粗い画像を用いて「推定治療領域」を特定しますが、一旦治療を開始すると、アブレーションのプロセスによる組織の損傷の程度を見極めることができません。その結果、過剰治療 (腫瘍周辺の組織を過剰に破壊) や過少治療が起こり、腫瘍の再発につながる可能性があります。さらに問題なのは、処置の効果が分かるまで最大24時間かかることです。

記事に登場したソリューション

Alt text

Lenovoヘルスケア

詳しく読む

Alt text

モダンIT

詳しく読む

Alt text

エンドツーエンドサービス

詳しく読む

「それが一般的な治療法であり、絶対基準なのです」と言う、TechsoMedの設立者兼CEOヨッシ・アブー氏は、これを変えようとしています。

 

アブー氏はLenovoで、テクノロジーを変革してすべての人に利益をもたらすという自分のスタートアップのビジョンに共感する企業を見つけました。その企業はTechsoMedとの提携に前向きで、説得の必要がほとんどなかったとのこと。一方Lenovoは、規模や予算の制約といったスタートアップが直面する独特の制約下での事業展開に尽力してくれたと言います。

 

「ほとんどの企業には、小規模なスタートアップをサポートするためのインフラなどありません。Lenovoはそのリスクを引き受けて、当社を非常に急速に成長させてくれました。今となっては4つの病院に導入されているんですよ!」とアブー氏は語っています。 

Alt text

またTechsoMedは、複雑なニーズを満たす革新的な製品をLenovoで見つけました。システムのアルゴリズムをThinkStation P920で開発した後、手術室内に収まるほどコンパクトなThinkStation P330 Tinyのような小型のローカルシステムで動作するようにシステムを最適化したのです。人命がかかったものであることから、TechsoMedが求めたのは、膨大な量のデータを処理するのに十分なパワーを持ち、何よりも信頼性と耐久性に優れたマシンでした。患者が手術台に上がる度、その技術を信頼できるとTechsoMedは確信しています。

 

TechsoMedのBioTraceソリューションは、サーマルアブレーションの長年の問題点に対処して、医師がこれまで目で見えなかったところを見えるようにしたものです。標準的な超音波画像装置からのデータを使用して、サーマルアブレーションの手順の最初から最後までリアルタイムで継続的なモニタリングと分析が行われます。このシステムでは、心臓や肺の動きからがん組織の破壊まで「ものすごい数の要素」をライブで追跡することができると、アブー氏は語ります。

Alt text

アブー氏は、Lenovoで、テクノロジーを変革してすべての人に利益をもたらすという自分のスタートアップのビジョンに共感する企業を見つけました。

一般的な超音波画像が255ポイントのグレースケールで表示されるのに対し、BioTraceの画像は65,000層のグレーで構成されています。 それは、鉛筆のスケッチと没入型の3D映画ほどの違いになります。

イメージングには患部が非常に鮮明に見えるだけでなく、予測ができるという優れた点もあります。これは重要なことです。というのは、サーマルアブレーションでは、腫瘍の損傷の60%が術後24時間に起こるためです。BioTraceは高度なAIアルゴリズムを使用して、サーマルアブレーションに反応した標的組織特有の生物学的シグネチャを追跡し、そのデータを分析して24時間後の治療効果を視覚的にシミュレートします。アブレーションをしている間、医師は現在と未来を同時に見ることができるのです。

 

BioTraceは、サーマルアブレーション治療から当て推量の部分をなくし、リアルタイムフィードバックを使用して健康な組織の損傷を最小限に抑えつつ標的組織のアブレーションを最大化する、正確な治療へと変えるものだと、アブー氏は語ります。より効率的で、腫瘍の再発率を下げることが可能です。BioTraceは超音波を用いてがん治療に変革をもたらした存在、と呼ぶことができるでしょう。

 

アブー氏はこう言っています「人間の目はほとんど何も見えません。でも、BioTraceにはすべてが見えます」