Legion道場初主催の
<Legion Doujou Cup>

白熱のバトルが繰り広げられた
大会の模様をレポート!

Event2019.3.24 20:00 オンライン

もっとPCゲームに触れる。もっと仲間と出会う。もっと強くなる。Legion道場のコンセプトを体現する、初のオンライン大会<Legion Doujou Cup>が2019年3月24日に行われました。タイトルは、根強い人気を誇るバトルロイヤルゲーム「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」(以下:「PUBG」)。プロ、アマチュアを交えた38チーム、計76名の選手が参加し、熱戦を繰り広げました!

大会のレギュレーション・概要

まずは、大会のレギュレーション・概要をご説明します。

  • FPP(一人称視点)のDUOモード(2名1組のチームを組むモード)を使用。
  • マップは、Miramar/Sanhok/Vikendi/Erangel。それぞれのマップで1マッチ、計4マッチ実施。
  • ポイント制で総合順位を決定。マッチ1位(ドン勝)は300pt、2位は220pt、3位は190ptといった形で、20位までポイントを獲得。さらに、1キルにつき10ptを得ることができる。
  • プロeSPORTSチーム「Crest Gaming Xanadu」「匠Festival」が招待チームとして参加。

大会の様子は今回、Legion Doujou Cupの公式であるLenovoのYouTubeチャンネル(https://www.youtube.com/user/lenovojapan/)で配信されました。司会は橘 亜李彩さんが務めて、実況はシンイチロォ氏、解説はPUBG世界大会の日本代表としての経歴を持つMrYoppy氏という豪華メンバー。さらにゲストプレイヤーとしてキマリ=ロンゾ氏とRccKMaYbe氏をスタジオに招き、賑やかな雰囲気の中、各マッチが行われました!

ポジション取りが勝利の要となった、第1ラウンド

いよいよ始まった緊張の第1ラウンド。エリアは、砂漠のマップ「Miramar」。序盤から各所で激しい戦闘が行われ、意図していないタイミングで撃たれてしまう選手、また、逆に運良く、他のペアが撃ち合っているところを見つけて、介入していく選手の姿が多く見られました。

見どころは終盤。QuaTtroCandy選手、Sw-bear選手が、Crest Gaming Xanaduと匠Festivalが戦っているところに参戦し、有利なポジションを奪い取ります。まさに、本ラウンドを象徴するかのようなムーブで、最終的には見事「ドン勝」を獲得! 勝利に対する嗅覚の鋭さを見せつける結果となりました。

撃ち合いの激しさを見せた第2ラウンド

第2ラウンドのエリアは「Sanhok」。Miramarの4分の1ほどの小規模マップであるため、プレイヤー同士の衝突が多くなり、第1ラウンドと比べてさらに撃ち合いがすさまじいラウンドとなりました。

そんな中で激戦を制したのは、yunoki選手とgaaamiii選手です。序盤は安全地帯に恵まれなかったものの、その後、中央部分を陣取ることに成功します。エリア際で待ち伏せし、戦闘で命を落とす選手が多い中、安全地帯内で有利な試合運びをすることができた両選手ですが、スモークの使い方が非常に巧み。運の良さのみならず、高いプレイヤースキルも発揮しました。

情報収集と判断力の高さが重要とされた第3ラウンド

第3ラウンドのエリアは「Vikendi」。大陸を縦断するように川が流れている雪原のマップです。本ラウンドでは、安全地帯の収縮によって川を渡らなければいけないチームが多くなり、付近においては攻防戦が見られました。

ドン勝を手にしたのは<Crest Gaming Xanadu>のCGX-aRies877選手とCGX-Rio01選手。安全地帯を引き続け、家屋に籠城できたことが勝利の要因と言えるでしょう。他のチームを待ち受ける間に、周囲の索敵を徹底し、機を見て、他チームをつぶしに行くという動きからは、情報収集力と判断力のすばらしさを伺うことができました。

これまでのラウンドにない勝ち方が見られた、運命の第4ラウンド。

ついに、最終ラウンドである第4ラウンドの開始です。今回のエリアは、自然が豊富な孤島「Erangel」。第1フェーズにおいては、安全地帯が川を挟んで南北に分かれてしまいました。そこで、川際を占拠していたRyoChanK選手、clockbox選手のペアが川から北上してくるチームをせき止めます。中盤~終盤にかけて、両氏は、背中に他のチームを背負うことなく、最終的なドン勝の場所となる中央の山にかけて、有効な位置取りをし続けました。

解説のMrYoppy氏が「これまでのラウンドにないような勝ち方」と評したように、RyoChanK選手とclockbox選手は、初のLegion Doujou Cupのトリを飾るのにふさわしい、エキサイティングな戦いを見せてくれたのではないでしょうか。

総合優勝に輝いたのは、yunoki選手と、gaaamiii選手!

白熱した展開を見せたこの大会。栄えある総合優勝に輝いたのは、yunoki選手とgaaamiii選手です! お二人には、ゲーミングノートPC<Lenovo Legion Y530>が授与されました。また、各マッチのドン勝DUOには「Legion × PUBGオリジナル限定Tシャツ」がプレゼントされました。

今回の大会は要所要所において選手たちの高い技術力や巧みなムーブが見られ、PUBGをやり込んでいるプレイヤーだけではなく、初心者や動画配信だけ見ているファンにも楽しめるものとなりました。次回もまた、この<Legion Doujou Cup>を開催予定(2019年6月30日予定)ですので、みなさん、参加するもヨシ・視聴するもヨシですので、ぜひともお見逃しなく!!

Intel、インテル、Intel ロゴ、Ultrabook、Celeron、Celeron Inside、Core Inside、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel vPro、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、vPro Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Intel Optane は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。 Copyright © 2018 Lenovo. All rights reserved.