ThinkPad トラックポイント キーボード II

さらに進化をした2代目
ワイヤレス・トラックポイント・キーボード

高さ12.39mmの薄型、コンパクト設計によりスペースが限られたデスクでも問題なくご利用いただけます。重量は約516gとなっているため、持ち運びも簡単にでき、スマートフォンやタブレットへの切り替えにも適しています。

  • image
  • image
  • image
image image image

製品特長

本製品は2013年6月発売の初代ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボードの後継モデルです。サポート対象のシステムでご利用いただけます。アイランド・スタイルのキーはシザー・リフト・キー・メカニズムを採用し、キーとキーの間のスペースにゆとりがあるため入力とその精度に最大限の効果を発揮します。キーの中心を外れて入力した場合でも底つき感を和らげるソフトランディング設計で長時間のキーボード入力でも疲れにくい構造です。薄型コンパクト設計でスペースが限られた場所でもご利用いただけます。重量は約516gで簡単に持ち運べ、スマートフォンやタブレットへの切り替えにも適しています。Bluetooth 5.0または2.4GHzワイヤレス USBレシーバーにより簡単にPC、タブレットやスマートフォンなどのデバイスに接続することが可能です。切り替えボタンによりシームレスに接続モードを変更でき、Microsoft Swift Pair(Windows 10以上のみサポート)によりBluetooth接続で簡単にペアリングできます。いずれのワイヤレス通信でもAES-128ビット暗号化に対応します。対応OSはWindows 10およびWindows 7に加え、Android 8.0以上をサポートします。新たに点字の6点入力をサポートする機能を実装しました。初代のトラックポイント キーボードと比べ、バッテリー駆動時間が大幅に改善され、満充電において約2カ月程度ご利用頂くことが可能です。(※1)また搭載のワンセルリチウムイオン電池の容量は500mAhで同梱のUSB Type-Cケーブルを使用し15分充電した場合約1週間程度使用できます。キーボードは約1秒以上操作しない場合アイドルモード、何も操作されない状態が6時間以上継続するとスリーブモードに入ります。トラックポイントはロープロファイルトラックポイント・キャップを採用し、専用ユーティリティ-ソフトウェアによりトラックポイントの感度やセンターボタンの設定変更が可能です(Windowsのみ)。 キーボードのトップカバーをワンピース構造とし、ファンクションキーおよびCapsLockのLEDインジケーターやHomeキーの追加等の機能性も向上しています。振動や防塵テスト、スピルテスト、落下テスト、剛性テスト、薬品等体制テスト、トラックポイントおよびキーの耐久性テストなどの各種厳しいテスト項目をクリアした堅牢性の高い製品です。

  • 配列 : 89キー(日本語)、84キー(英語)
  • キーストローク:約1.8mm
  • キーピッチ:約19.05mm(横方向)、約19.05mm(縦方向)
  • ロープロファイルトラックポイントキャップ搭載 (ThinkPad ロープロファイルトラックポイント・キャップ (別売0A33908)と同等品)
  • 接続方法 : デュアルワイヤレス接続 Bluetooth5.0(Swift Pair対応、Windows 10以上のみサポート)
  • 2.4GHzワイヤレス(USB レシーバー経由)
  • 視覚障害者向け6点入力サポート
  • サポートOS:Windows 10/Windows 7/Android 8.0以上をサポート、新たにAndroidを操作する際のファンクションボタンをF9からF12に追加
  • 充電ポート及び充電用ケーブル:USB Type-Cポート、USB Type-C – USB Type-Aケーブル経由(同梱)
  • バッテリー駆動時間: 約2カ月(※1)
  • 高さ : 12.39mm
  • UN38.3テストおよびIATAによる航空輸送のガイドラインに適合、航空輸送対応可能

※1 満充電時、キーボード入力を1日に3時間、アイドルモードで5時間、1週間5日使用を想定

対応機種は事前に Think Accessories対応表(下記のリンクから) でご確認下さい。


ThinkPad用PDF / ThinkCenter用PDF / ThinkStation用PDF