サステナビリティ

製品の完全性

レノボのアプローチ

レノボは、製品の完全性が当社ブランドに対するお客様の信頼にとっていかに重要かを理解しています。それに従い、レノボの製品開発には以下の重点分野が含まれています。

  • 品質管理
  • 安全とエルゴノミクス
  • アクセシビリティ
  • コンプライアンス

レノボは、お客様のニーズをさらに効果的に満たせるよう、お客様からのフィードバックを取り入れようと継続的に取り組んでいます。

品質管理

レノボは、自社製品のライフサイクル全体 (製造、輸送、設置、使用、修理、リサイクルなど) で安全を保証することに取り組んでいます。製品ライフサイクルを通した当社の継続的な評価活動は、リスクとコストを最小限に抑える可能性について深く洞察し、製品の市場性を強化、拡大する機会を新たに見出す一助となっています。

レノボの企業戦略、ポリシー、およびガイドラインは、製品の安全に対する当社の取り組みをサポートする目的で設計されています。これらは、製品の販売地域を問わず、適用される法的要件および自主的な安全とエルゴノミクスの慣行に当社がどのように従うべきかも示しています。

当社は、高い品質基準を維持するため、フォーカスグループをはじめとするさまざまなフィードバックメカニズムに基づき、アクティブなクローズドループプロセスを利用します。その目的は、問題を迅速に解決し、結果を製造、開発、テスト工程にフィードバックして、その問題の再発を確実に防ぐことです。

レノボは、自社製品のライフサイクル全体 (製造、輸送、設置、使用、修理、リサイクルなど) で安全を保証することに取り組んでいます。製品ライフサイクルを通した当社の継続的な評価活動は、リスクとコストを最小限に抑える可能性について深く洞察し、製品の市場性を強化、拡大する機会を新たに見出す一助となっています。

加えて、レノボのグローバル品質管理システム (QMS) は、国際標準化機構 (ISO) 9001 規格 の認証を取得済みです。

組織全体におよぶ品質保証

Cross-Organization Quality Assurance Graph Cross-Organization Quality Assurance Graph

レノボの技術評価センターから当社技術者に情報と推奨事項が提供されることと並行して、当社の Lessons Learned イニシアティブによって、プロセスの改良および繰り返し発生する問題の排除が進められています。その結果として、当社は業界でも最小の製品修理率を誇っています。

品質に関するレノボ企業ポリシーの一環として、上級エグゼクティブが明確な目標を定め、品質と顧客満足度の向上の観点からその成果を測定しています。それに加えて、当社の従業員は、品質管理システムを効果的に活用するよう求められています。レノボの製品品質ポリシーについて詳しくは、こちら(英文)をご覧ください。

お客様重視のテスト

製品の開発フェーズが完了すると、生産に入る前に、お客様主導の一連のテストが実施されます。これには、お客様が当該製品を使用する目的に合わせた、継続的な顧客シミュレーション評価と製品の監査が含まれます。

さらに、製品のサンプルに対して広範囲のテストが実施され、異なる構成やソフトウェア オプション、またさまざまな標準的顧客アプリケーションの下での動作が調べられます。技術チームもお客様のオンサイト設置のためのサポート体制を整えています。

設置の進捗に関して確実にタイムリーなフィードバックを提供するため、設置作業中、および作業後にも、お客様とレノボの間での対話を継続します。これにより、チームが是正措置を迅速に取ったり、潜在的な問題を未然に防いだりできます。

安全とエルゴノミクス

レノボは、全製品のライフサイクル全体での安全をさらに保証するため、厳格な製品の安全とエルゴノミクスポリシー (英文)、企業戦略およびガイドラインを制定しています。

さらに、各従業員には以下の目標に向けた個人の責任があります。

  • 製品の販売場所に関係なく、適用対象のすべての法的要件、および他の自主的な安全とエルゴノミクスの慣行を満たす。
  • 安全に対する同様の取り組みを実証しているサプライヤーを選択する。
  • お客様が製品を安全に使用できるように、十分な情報を提供する。
  • 従業員参画の発展を促し、製品の安全イニシアティブを開発、導入、継続的に改善するための適切なリソースを提供する。
  • 製品の安全インシデントを調査し、お客様と従業員を保護するため迅速な是正措置を取る。
  • 安全のイニシアティブおよびインシデントを上級エグゼクティブ マネジメントに報告する。

下の表に、製品の各ライフサイクル段階で実施される安全評価を示します。

製品ライフサイクル内の時点 ハードウェアの安全評価の有無
製品コンセプトの開発 なし1
研究開発 あり
認定 あり
製造および生産 あり
マーケティングおよびプロモーション なし2
保管配送および供給 あり
使用および修理 あり
廃棄、再利用、またはリサイクル あり

1 – この段階では早すぎる

2 – この段階には無関係

レノボは、製品の安全と品質に関する最高度の基準、および顧客満足度に常に注意を払っていますが、これまでに製品が自主回収された事例もありました。こうしたまれなケースに当たっては、当社は速やかかつ果断に行動するように務めています。過去の製品自主回収については、こちら(英文)をご覧ください。

アクセシビリティ

レノボの目標は、世界基準の製品とサービスを、障がいを持つ方を含め誰にでも使えるようにすることです。ヒューマン ファクター、スマート デザイン、直感的な機能の重視は、聴覚、視覚、および運動機能に障害をお持ちの方がコンピューター操作によって最大限の価値を得られるように支援する方法です。

このために、当社はベスト プラクティスの遵守に加え、以下の活動を実施します。

  • 自社製品に対して、スクリーンリーダー、画面拡大鏡、音声認識ソフトウェアなどの多様な支援技術 (AT) をテストする。
  • 製品およびサービスに対して、コンプライアンスを保証するクローズドループ プロセスをはじめとするアクセシビリティ ポリシーを維持する。
  • 設計サイクル全体を通してアクセシビリティを考慮し、障がいを持つ方に改善のための助言を求める。

障害を持つ方に対する情報とテクノロジーの利便性を高めるための当社の活動については、こちら(英文)をご覧ください。

コンプライアンス

レノボの製品は、製品の安全、電磁両立性、エルゴノミクスの世界的基準、その他の規制要件を満たすように設計、テスト、承認されています。当社のプロセスと管理体制は、当社製品が出荷先の各国の法令や規制に対する確実な準拠に役立っています。

製品コンプライアンス文書を含め、コンプライアンスについて詳しくは、こちら(英文)をご覧ください。