サステナビリティ

環境を考慮した梱包材

レノボのアプローチ

バイオ梱包材の使用、軽量化したパレットの設計から、ガムテープの使用量削減まで、レノボは梱包材の環境への影響を減らすという確固たる目的を持っています。

これは、以下のように多くのイニシアティブによく表れています。

  • 地球にやさしくて軽い梱包材
  • サプライヤー向け梱包材仕様
  • 再利用可能なバルク包装ソリューション

レノボの持続可能な製品梱包材ソリューションについて詳しくは、こちら (英文) で最新のサステナビリティ・レポートをご覧ください。

レノボの梱包材の概要

  • 3,100 トン

    2008 年以来、梱包材の消費量を 3,100 トン削減してきました。

  • 100%

    ThinkPad シリーズの梱包材を 100 パーセント生分解可能なもの、またはリサイクル緩衝材に移行しました。

  • 6.7%

    バイオ梱包材をさらに薄く軽量化し、輸送による CO2 放出量を 6.7% 削減できました。

地球にやさしくて軽い梱包材

2018 年、レノボは 竹とサトウキビ繊維から造られた革新的なバイオ梱包材の使用を開始しました。この素材は 100 パーセント生分解可能であるだけでなく、それ以前の梱包材よりも軽く、その強度特性を利用してデザインを改善することによって、全体の梱包サイズを小さくできます。

この新しい梱包材は、メモリ・カードや ThinkPad の一部モデルの出荷に使用されました。軽量化した梱包材で梱包重量を落とした結果、輸送による CO2 放出量を 6.7 パーセント低減できました。これを受けて当社は、この竹とサトウキビ繊維による梱包材イノベーションの用途拡大を模索しています。

レノボは 10 年以上前に、100% 再生資源の梱包材やリサイクル可能な梱包材の使用を開始しました。当社は現在、ポリスチレン梱包材の代わりに、成形パルプ、繊維、および低密度ポリエチレン (LDPE) の使用を奨励しています。

レノボの LDPE 熱成形緩衝材の製造およびリサイクル・プロセスについて詳しくは、こちら(英文)をご覧ください。

地球にやさしい梱包材への主な取り組みは以下のとおりです。

  • 100% リサイクル熱成形緩衝材によって、PC の高い積層密度を実現できるようになり、必要な梱包材の量が減少し、出荷コストの最小化につながっています
  • 現在、ノート PC 製品ラインの多くに 100% 一般廃棄物再生成形繊維 (または製紙用パルプ) の梱包材を使用しています。これは、一般廃棄物の処理工程ですぐにリサイクルできます
  • すべての Think 製品の内装カートン・ボックスには、一般廃棄物再生繊維が 50% 以上含まれており、さらに、利用可能な一般廃棄物再生素材の最大限の使用が義務付けられています
  • 現在、98% の ThinkPad 製品でリサイクル緩衝材が使用されており、外箱への印刷は RoHS 準拠の無毒水性インクを使用するフレキソ印刷で行われています
  • サーバーの梱包に使用される再生率の高い発泡材には、再生樹脂素材が 65% 以上含まれています
  • また、当社はサプライヤーと協力し、サプライヤーとレノボの工場間の輸送に使用される梱包材を再利用しています

サプライヤー向け梱包材仕様

レノボのすべてのサプライヤーは、梱包材に関して環境面の多数の仕様を満たすことを求められています。これには、再生繊維および回収繊維の最低限の使用量、適切なリサイクル識別表示マーク、禁止された物資のリストなどが含まれます。

さらに、多くのレノボ・サプライヤーは、レノボ製品の梱包用に森林管理協議会 (FSC) 認定製品を提供しています。当社は現在、すべての地域の製造施設をサポートするため、FSC 認定梱包材を各国で利用できるかどうか調査しています。

バルク包装

対応の進んだ地域では、レノボ製品の多くにバルク包装および再利用可能なバルク包装を利用できます。詳しくは、セールス担当者まで、または environment@lenovo.com 宛てにメールでお問い合わせください。