サステナビリティ

素材管理

レノボのアプローチ

レノボは、可能であれば常に環境に優しい素材を優先して使用します。レノボは、この予防的なアプローチを固守するにあたり、経済的および技術的に代替可能な素材が他にある場合は、潜在的な懸念がある素材を意図的に添加しないように制限することを支持します。こうした制限においては、有害事象の偶発的発生を防ぐ濃度限度が導入される場合もあります。

レノボが求める、または支持する制限は以下のとおりです。

  • すべての用途でオゾンを激減させる物質の使用を禁止する
  • ストックホルム条約に基づき、残留性有機汚染物質 (POP) の使用を制限する
  • 欧州連合 (EU) の有害物質使用制限 (RoHS) と化学物質の登録、評価、認可、および制限 (REACH) の対象素材を廃絶する
  • 臭素化難燃剤 (BFR) やポリ塩化ビニル (PVC) などのハロゲン素材を段階的に廃止する
  • 全製品のフルマテリアル申告 (FMD) システムを管理し、すべてのコンポーネントの材料や物質を表示する

さらにレノボは、すべてのパートナーとサプライヤーが、環境面の健全な慣行に対して同様の真摯な姿勢を実証することを期待します。

レノボの素材管理の概要

50,000 点を超える

部品が、それに含まれる素材と共に、当社のフルマテリアル申告システムで 文書化されています

100%

のプラスチック製機械部品で、臭素化難燃剤およびポリ塩化ビニルを廃止しました

97.8%

のレノボのコンポーネントサプライヤーがフルマテリアル申告を実施しています

未来の環境を守る地球にやさしい製品

レノボは可能な限り、自社の厳格なテクノロジー、品質、環境、健康、および安全面の要件に適合した、環境に優しい素材を使用することに努めます。経済的に代替可能な素材が存在しない場合は、定義した濃度限度を超える使用を監視します。このデータはお客様や他の関係者に報告されます。

レノボは、臭素化難燃剤 (BFR)、塩素系難燃剤 (CFR)、およびポリ塩化ビニル (PVC) の段階的な廃止を支持しています。BFR は主に電源コード、ケーブル、AC アダプター、平面組立部品、サブカード、コネクター、一部のモジュラー部品に使用され、PVC は主に電源コードとケーブルに使用されています。

レノボは、大手電子機器メーカー、サプライヤー、協会、政府機関、大学から成る非営利の研究開発コンソーシアムである、国際電子機器製造イニシアティブ (iNEMI) が設定した「BFR/CFR/PVC フリー」の定義も支持しています。

加えて、レノボは、自社製品からハロゲン素材を除去するよう努めると当時に、自社サプライチェーンが同様のアプローチを採ることを推奨しています。

これまでの主な実績は以下のとおりです。

  • ThinkPad ノート PC からほとんどの BFR、CFR、PVC を除去しました。同製品ラインは、プリント基板の低ハロゲン化も達成しています
  • 回路基板と外部ケーブルを除き、多くのレノボ商用モニターが iNEMI による低ハロゲンの定義に適合しています
  • ThinkCentre デスクトップで低ハロゲンの筐体と CPU を使用しています
  • 全製品のすべてのプラスチック製機械部品 (外部カバー、ハウジングなど) から BFR/CFR/PVC の完全な除去を段階的に進めています
  • いかなるレノボの部品に対しても、以下の素材を意図的に添加することを禁止しています:
    • ポリ臭素化ビフェニル (PBB)
    • ポリ臭素化ジフェニルエーテル (PBDE)
    • デカ臭素化ジフェニルエーテル

レノボは、複数の製品ライン全体で多数の部品からハロゲン素材を段階的に除去する点でも大きな進歩を遂げました。これには、プリント基板の積層板を除くすべてのプラスチック製エンクロージャー、大部分のコンポーネントおよびコネクター、すべてのプラスチック製機械部品 (製品カバー、ハウジング、ベゼルなど)、多数のハードディスクドライブ、光学ドライブ、ソリッドステートドライブ、LCD スクリーン、メモリ、CPU、チップセット、通信カード、および iNEMI の低ハロゲンの定義に適合するサービスを伴う他のコモディティが含まれます。

さらに当社は、許容できる代替素材が入手可能になり次第、製品ファミリー全体に対して BFR、CFR、PVC フリーの部品や素材を追加していくことを計画し、これらの素材の使用を全面廃止するという最終的な目標に徐々に近づいています。同時に、当社はサプライヤーとの連携を継続し、BFR、CFR、PVC フリー素材の新たな用途を探っています。

レノボは、環境面で注目に値するさまざまな材料や物質を特定しており、これらの物質が将来、さらに制限の対象となる可能性があります。そのため当社はサプライヤーに対し、当社への提出が必要な申告書の中でこれらの素材の使用を報告することを義務付けています。

レノボ製品についての申告

レノボのフルマテリアル申告 (FMD) システムには、当社製品に使用されている材料や物質がすべて表示されます。詳細な情報の件数は 1 製品あたり 200 ~ 300 件になります。FMD は、当社の構造設計と研究開発業務、環境面での健康と安全、および製品の信頼性の向上に大いに役立ちます。このビッグデータツールには、フルマテリアル情報が 50,000 セット以上格納されています。

フルマテリアル申告を提供しないレノボのコンポーネントサプライヤーはわずか 2.8% で、それも通常は、セキュリティまたは知的財産を理由としています。ただし、フルマテリアル申告を提供しないサプライヤーは、自社のコンポーネントが、IEC 62474 開示、テストレポートなどの他の形式のマテリアル申告に準拠していることを保証する必要があります。この取り決めに関して、レノボはいかなるサプライヤーにも例外を認めません。

レノボは、自社製品の健康および環境面の潜在的な影響を評価するために、規制環境の分析と、お客様、民間非営利団体 (NGO)、その他の関係者からのフィードバックの検討を継続的に行っています。これにより、レポートへの記載目的や今後制限対象になる可能性から、当社は規制物質や追跡対象となる物質の使用を判断することができます。

レノボは、お客様に、製品の環境属性および適用される法規制への準拠についてお知らせします。この情報は業界標準の ECO Declaration フォームに記載されます。詳しくは、製品のカーボンフットプリント (PCF) 情報シートと併せて、こちら でご覧いただけます。