サステナビリティ

気候変動への取り組み

レノボは、気候変動が地球にとって深刻な脅威であることを認識しており、 サプライヤーやお客様を含む、自社のすべての事業活動にわたって、 有害な温室効果ガス (GHG) の放出量を削減する新しい方法を 探し続けています。当社は、気候変動と低炭素経済への取り組みを 以下の分野で明確にしています。

アプローチ アプローチ

カーボンフットプリントを最小化するため、構造化されたアプローチに従います。このアプローチには、気候およびエネルギーポリシー、気候変動に関する戦略、および満たすべき主要な目標とその対象が含まれます。

パフォーマンス パフォーマンス

レノボは、GHG 放出量を 10 年以上にわたって公表しています。自社の取り組みを測定し、分析し、開示し続けることによって、毎年、状況を変化させるための努力を重ねています。

運用 運用

エネルギーの節約とコストの削減の推進に加え、当社が気候変動への取り組みの目標達成に役立てている運用イニシアティブについてご紹介します。

サプライチェーン サプライチェーン

レノボは、責任ある企業市民として、自社サプライチェーン全体でサステナビリティプログラムを監視しています。これには、温室効果ガスの放出量を削減し、環境への影響を最小限に抑えるという目標が含まれます。