JAPAN MADE & SUPPORT現場ビト:米沢品質の製品をつくり続けるこだわり

レノボ製品に関わる現場の人たちを紹介する新シリーズをお届けします。トップバッターを飾るのはThinkPad/ThinkCentreの生産立ち上げの取りまとめを担当する、NECPC米沢事業場の滝澤です。

担当するのは、部材の手配、生産までのスケジュール管理など、生産に関する総合窓口のような役割です。
「この準備がなければ生産ラインは動きません。各部門の間での調整は大変なこともありますが、やりがいを感じます」

story0826-1.jpg

生産ラインの前で撮影いただきました。(感染症対策のため、インタビューはオンラインで実施)

生産の現場でのこだわりは「お客様にいかに喜んでいただくか」
米沢でThinkPadを生産する魅力は、JAPAN MADE=国内生産の製品を短納期(最短5営業日)でお届けできることです。生産ラインを止めるようなことになれば、お客様が困ってしまいます。トラブルを未然に防ぎ、スムーズに進めていくため、小さな気づきも見逃さず、共有するための時間を必ず取っています。それが、お客様に喜んでいただくことにもつながっていきます。

story0826-2.jpg

米沢生産の証である「JAPAN MADE & SUPPORT」のステッカー

生産性の向上のための取り組み「改善アクション」
生産性の向上のための取り組み「改善アクション」 こうすればもっと効率が良くなるという現場の声をボード(VOCボード)に張り出し、話し合い、実際に現場に反映しいきます。こうした活動ができるのも、現場のメンバー1人1人が高いマルチスキルを持ち、協働できるからだと思います。それがNECPC米沢事業場の強みでもありますね。

story0826-3.png

VOCボードでつねに品質向上に努めています。

事業場に届く、応援の声を励みにしています
米沢品質を維持するために日々奮闘する中で、嬉しいと感じるのは、お客様からの声が届いた時とのこと。
「短納期・高品質を喜んでいただけた時はうれしいです。また、『米沢での国内生産をこれからも続けて下さい』と、米沢での生産を応援してくださる声を聞くと、モチベーションがさらに上がります」

story0826-4.jpg

自宅で愛用しているThinkPad。もちろんWebで注文したカスタマイズ版。実はThinkCentreも持っています。画面に映るのは愛犬さくらです!

レノボ製品ご愛用のみなさまへのメッセージ
実は私も今の仕事をするようになり、ThinkPadを自宅用に購入した愛用者です。
引き続き米沢ではJapan MadeとしてThinkPad、そしてThinkCentreを生産し短納期、高品質など満足していただける製品を提供していきますので、応援よろしくお願いいたします!

story0826-5.png

“JAPAN MADE & SUPPORT”それは、日本のビジネスを、Lenovoが加速する、レノボの日本市場へのコミットメント。研究開発、サポート、生産、そしてレノボとNEC PCのジョイントベンチャー体制の想いを込めた約束の印です。

今後も現場ビトでは、生産や修理などレノボ製品に関わる現場の人たちを、シリーズでお届けしていきます。