STEM at Home:多面体はどのくらい強力なの?

(こちらの記事は、2020年5月23日に米国レノボで公開された記事を翻訳・加筆したものです)

STEM at home
おうちで科学実験を楽しみましょう!

六角形が実は強力な図形であることを知っていますか?今回は、8つの六角形と6つの正方形で構成される多面体、「切頂八面体」(※1)を作成して、その強度をテストしてみましょう!

※1八面体の各頂点を切断した多面体

Hex

作り方や原理はこちらの動画でも確認できます。(解説は英語です)
https://www.youtube.com/watch?v=Inr_1qYhXlo&feature=youtu.be

【材料と用意するもの】
hex_stuffyouneed

・ダンボール
・セロテープ
・おしピン
・たこ糸
・定規
・ハサミ
・ペン
・工作用の厚紙(忘れないようにしましょう!)

※おしピンやハサミを使うのでお子様が作るときも、大人の方が一緒に見守るようにしてくださいね。


【作り方】
1.たこ糸(ひも)を25cmにカットし、紐の両端に結び目を作ります。
片方をもやい結びにするとより強力になります。
step_1_Hex


2.結び目の片方におしピンを入れ、もう一方にはペンを差し込みます。
step_2_Hex


3.段ボールにおしピンをさしこみ、鉛筆を使って円を描きます。
step_3_Hex


4.おしピンをダンボールにさして、六角形の印をつけます
step_4_Hex

たこ糸とおしピンとペンを使った六角形の書き方は、動画のこの部分で確認できます。(下記リンクより動画の途中から再生されます)
https://youtu.be/Inr_1qYhXlo?t=77


5.定規を利用して六角形を描きましょう。
step_5_Hex


6.ハサミで六角形を切り取ります。
step_6_Hex


7.六角形の端を使用して、ダンボールに正方形を描き、切り取ります。
step_7_Hex


8.正方形と六角形を使って、工作用の厚紙に切頂八面体の展開図を描きます。
step_8_Hex


9.定規を使って、ていねいに折り曲げます。
step_9_Hex


10.セロテープを使用して、切頂八面体をしっかり固定します。
step_10_Hex


11.上に物をのせて、どのくらいの重さまで耐えられるか、実験してみましょう!
step_11_Hex


私が作った切頂八面体は3.06Kgまで耐えられました!
図鑑や本などを使って、あなたの切頂八面体でも試してみましょう。

【今回の先生:ケビンベック】
Kevin Beck
生粋の科学オタクであるケビンは、Lenovoの説明員。
日頃から複雑なテクノロジーを私たちが理解できるように紹介してくれています。

切頂八面体の完成おめでとうございます!コンピューターの設計でも大切な形である六角形の強さについて学ぶことを楽しんでいただけましたか?あなたの切頂八面体を#StemAtHome を使ってシェアしてみてくださいね。