a blue collar worker with a construction crane in the background

予測に基づく環境保全

ノースカロライナ州立大学の研究者たちが、インテル®搭載の強力なレノボのアナリティクスを使用することで干ばつを予測し、世界の食料供給に役立てたその方法をご紹介します。

レノボの「データ中心型」

インフラストラクチャー・ソリューション

予測に基づく環境保全

ノースカロライナ州立大学の研究者たちが、インテル®搭載の強力なレノボのアナリティクスを使用することで干ばつを予測し、世界の食料供給に役立てたその方法をご紹介します。

レノボの「データ中心型」

インフラストラクチャー・ソリューション

1

背景

国連によると、世界人口は今後30年間に30憶人増加すると予測されています。増加する世界人口に十分な食料を供給するには、食料生産を倍増する必要があります。

しかし、現時点ですでに地球上の70%の淡水を農耕に使用しています。つまり食料生産の倍増どころか、現在の農耕を維持するに十分な水や土地も不足状態にあるということです。

3万4,000人以上の学生を擁するアメリカの代表的な公的研究機関、ノースカロライナ州立大学(NCSU)の研究者たちは、持続可能なソリューションの構築に取り組んでいます。

同大学の地理空間分析センターでは、研究者が洪水、干ばつ、山火事などの大規模な気象現象と作物の収穫量についての理解を深め、最終的にこれらの予測をするために、時空間データセットのパターンを捉え、分析しています。

こうした研究により、大規模な農場であっても農作物への散水タイミングやその量を把握することができ、貴重な水資源の節約につなげることができるのです。

2

課題

このようなスケールの大きい課題と、大規模かつ高次元の異種データセットを分析するにあたり、研究チームは、最新の AI とディープラーニング技術を使える高性能なコンピューター(HPC)を必要としていました。

しかし、彼らはその購入に必要となる資金調達に苦慮していました。

リソースの確保

レノボは地理空間分析センターが、ノースカロライナ州モリスビルにあるレノボ AIイノベーション・センターの充実したスーパーコンピューティング施設を利用できるよう、NCSUと提携しました。

レノボ AIイノベーション・センターでは、最新のインテル® Xeon®スケーラブル・プロセッサーを搭載した Lenovo ThinkSystem サーバーをはじめ広範囲の HPC リソースを備えています。

技術的な問題を解決できたことで、研究者はより大きな課題への取り組みを開始しました。

レノボの技術だけでなく、レノボの専門知識も利用できることは、きわめて大きな価値があります。おかげで、ほぼリアルタイムでより多くのデータストリーム分析を可能にする新しいアルゴリズムを開発することができました。

portrait of Dr. Raju Vatsavai
Raju Vatsavai 博士 NCSU、空間コンピューティング&
テクノロジー担当アソシエートディレクター
3

成果

これにより、NCSUの地理空間分析センターの研究者たちは、新たなAI機能を駆使して米国全土の農場の膨大なデータ分析をすることが可能となりました。

地域の天候パターンに基づき、灌漑に最適なタイミングの予測が可能となり、また水の浪費を削減し、持続可能性の改善を図ることができたのです。

より多くのデータを、より迅速に分析

新しいアルゴリズムでプロジェクトを加速

水の無駄な使用を減らす

世界を変革する

レノボのサポートにより、私たちは時空間データをより迅速に処理し、分析を行い、結果をより早く取得することができます。エキサイティングな新しいAIとビッグデータ技術を適用することで、実際的な地球規模の問題を解決することができるのです。膨大な演算の裏側で、まさに世界が変革しているのです。

Raju Vatsavai 博士
NCSU、空間コンピューティング&
テクノロジー担当アソシエートディレクター

アナリティクスと AI で向かう先は?

よりすばらしい未来は、貴社のデータセンターを「データ中心型」へ移行することから始まります。アナリティクスと AI をその実現にお役立てください。