An older man smiling, standing with his arms crossed

未来のリターンのために、今できること

Aportes en Línea社は、インテル® Xeon® Platinumプロセッサー搭載ハイパーコンバージド・インフラストラクチャーを活用して、高まる需要に対応すると同時に、刻々と変化する時流にも対応しました。

レノボの「データ中心型」

インフラストラクチャー・ソリューション

未来のリターンのために、今できること

Aportes en Línea社は、インテル® Xeon® Platinumプロセッサー搭載ハイパーコンバージド・インフラストラクチャーを活用して、高まる需要に対応すると同時に、刻々と変化する時流にも対応しました。

レノボの「データ中心型」

インフラストラクチャー・ソリューション

1

背景

Aportes en Línea社は、コロンビアの社会保障制度に関わる全支払い手続きの40%以上を処理しています。同社はコロンビア社会の中で大変重要な役割を担う企業です。

現在コロンビアでは、何百万人もの雇用主、従業員、個人事業主といった人々が、革新的なITサービスを活用して、社会保障や個人年金の拠出手続きをオンラインで行っています。すべての利用者は、この手続きのプロセスが迅速で信頼性が高いこと、簡単であることを望んでいます。

これだけの人々がオンライン決済を選ぶ理由は、何よりも効率性の良さにあります。

2

課題

Aportes en Línea社の1日の支払い処理件数は約7万件です。社会保障の支払い期限のようなピーク時には、毎分5千人以上もの人々がプラットフォームにアクセスします。これはSQLデータベース上で毎分2万5千件以上のトランザクションを処理していることになります。

オンライン決済が今よりももっと一般的になれば、そのトランザクションの量は増加の一途を辿るだろうと予測されています。このため、Aportes en Línea社は、オンライン決済プロセスをスムーズで信頼性の高いものにし、かつ現在だけでなく将来の需要にも対応可能なインフラストラクチャーに刷新したいと考えていました。

「当社は、コロンビア社会にとって非常に重要な機能を請け負っています。システムが一瞬でもダウンするようなことはあってはならないのです」

portrait of Camilo Andrés Rodríguez Murillo
Camilo Andrés Rodríguez Murillo氏 Aportes en Línea社、
ITインフラストラクチャー&オペレーション担当マネージャー

ハイパーコンバージェンスへ向かう

Aportes en Línea社が従来使用していたインフラストラクチャーは、さまざまな機種が混在したサーバーとストレージというシステムで構成されていました。そのため、彼らはシステムの複雑さを解消し、セキュアで効率良く大量の件数を処理できるインフラストラクチャーを必要としていました。

さらに、彼らには単なるソリューション以上のものも求めていました。それはつまり、将来のための準備を支援してくれるパートナー、そして顧客からも信頼を得ることのできるパートナーです。そこで、レノボが登場することになりました。

簡素化による拡張性の向上

運用をシームレスに実行し続けるために、 Lenovoは、AportesenLíneaの既存の3層インフラストラクチャをLenovoのNutanixクラウドソリューションでIntel®Xeon®スケーラブルプロセッサが稼働するハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)に置き換えました。

Aportes en Línea社は、プライマリー・データセンターに5ノードのLenovo ThinkAgile HX3320クラスターを実装し、また災害復旧(DR)サイトにはセカンダリーの3ノード・クラスターを実装することにしました。

アクティブ/アクティブ構成で展開される場合、データは2つのサイト間でリアルタイムに複製され、システム停止が発生した場合には即座にフェイルオーバーを実行します。これらはすべて、単一の制御ポイントで管理されます。

Lenovo ThinkAgile HXシリーズ・アプライアンスは、Nutanix Enterprise Cloudソフトウェアと事前に統合されており、コンピューティング・リソースとストレージ・リソースを単一の仮想構造にプールし、容易な管理とスケーラビリティを提供します。

また、柔軟性の向上には、クラスターに新しいノードを追加するだけでコンピューティング性能やストレージ容量の増強が可能です。

「LenovoThinkAgile HXソリューションの可用性、信頼性、パフォーマンスには非常に満足しています。レノボにお任せしたことで、私たちのミッションクリティカルなSQLデータベースとすべてのビジネス・アプリケーションは、まるで時計のように正確に24時間、365日無休で稼働しています。ビジネスの継続性にもさらなる安心感を得ることができました。メインのデータセンターで問題が発生した場合でも、サービスを中断することなく、自動的にセカンダリ・サイトへのフェイルオーバーが実行されます」

Camilo Andrés Rodríguez Murillo氏 Aportes en Línea社、
ITインフラストラクチャー&オペレーション担当マネージャー
3

成果

Aportes en Línea社がLenovoThinkAgile HXプラットフォームに移行したのは2年以上も前のことですが、以来、ダウンタイムはまったく発生していません。

ハイパーコンバージド・インフラストラクチャーと災害復旧システムにより、優れたサービスの維持とシームレスな拡張がこれまで以上に容易に実現しています。また、仮想化リソースの管理にはNutanix Prismツールを、物理インフラストラクチャーの管理にはLenovo XClarityを最大限に活用することで、定期的な監視やメンテナンスタスクに費やす時間の削減にも成功しています。

しかし何よりも重要なのは、何百万人ものコロンビア市民が、Aportes en Línea社と同様に、なにも問題なく将来に備えられたという事実です。

2年以上の使用でダウンタイムなし

単一の統合プラットフォーム

何百万件ものシームレスなトランザクション

「今後は、ますます多くのコロンビア人が利便性を評価してオンラインでの手続きを選択することになるでしょう。レノボとNutanixのハイパーコンバージド・インフラストラクチャーで、その需要拡大にも問題なく対応できると確信しています」

AEL logo
Camilo Andrés Rodríguez Murillo氏 Aportes en Línea社、
ITインフラストラクチャー&オペレーション担当マネージャー

よりスマートなクラウドコンピューティングソリューションを活用するには

これまでのデータセンターからインテル® を搭載したレノボのよりスマートな「データ中心型」インフラストラクチャーに移行することで、貴社のビジネスはどんな未来を見せてくれるでしょうか?