Lenovoのデータベース・ソリューション

  • Microsoft

    Lenovo Database Solutions for Microsoft SQL

     

    テクノロジーの急速な進歩により、膨大な量のデータ収集と高速なオンライン・トラザクションが可能になりました。データの量が増加し、データの流通スピードが加速するということは、有益な洞察を適切なタイミングで入手することや、オンライン・トランザクションをサポートすることがますます困難になったということです。現状のままでは、ビジネス・チャンスが失われ、これまでの努力を実らせることができません。21 世紀の企業が競争に打ち勝つためには、データから真の価値を引き出すことのできるツールの活用が不可欠です。

    Lenovo Database Solutions for Microsoft® SQL Server® は、データウェアハウスやトランザクション・データベースのさまざまなユーケースに適合する、テクノロジーとソフトウェアの最適な組み合わせを可能にします。これらの構成では、さまざまなレノボのシステムやアプライアンス、強力なレノボのストレージ・オプション、Microsoft SQL Server 2016/2017 Enterprise Edition および Standard Edition の機能を統合し、次のようなメリットを実現します。

    • 事前テスト済みのハードウェア構成によるビジネス効率の最大化
    • ハードウェアのテストと調整の作業を大幅に削減して、SQL Server 環境を最適化
    • 手頃な価格、優れたパフォーマンス、迅速な導入、高度なハードウェアにより総所有コストを低減
    • 複数の高性能なストレージ・オプションによりストレージが統合され、IT投資に見合った価値ある情報を獲得

     

    Microsoft SQL の TCO に関する研究

    新たなコンピューティング・テクノロジーを中心に調査・研究に取り組んでいる IT アナリスト会社の Cabot Partners が総所有コスト (TCO) に関して最近行ったある調査では、レノボの Microsoft SQL ソリューションについて定量的な評価がなされております。Microsoft SQL Server を利用するデータ・ウェアハウジングとオンライン・トランザクション処理 (OLTP) データベースを導入すれば、大きな経済的メリットが期待できます。このホワイトペーパーでは主として、Microsoft SQL Server ベースの製品のコストと価値のドライバーについて言及しているほか、レノボのソリューションではどのようにして付加価値が得られるのかを、市場のほかのソリューションと比較しながら説明しています。

     

    レノボ・データベースのベンチマーク結果

    Microsoft SQL DWFT Configurations は、tpc.org が規定している TPC-H ベンチマーク・テストの一部を使用して、プラットフォームの性能を評価します。Lenovo Database Configurations for Microsoft SQL についての公開された TPC-H ベンチマーク・テストの結果は次のとおりです。

    • パフォーマンス ベンチマークの結果(英語): TPC-H 30TB Benchmark Result for System x3950 X6
      •     レノボは、非クラスター TPC-H@30,000GB ベンチマークのパフォーマンス結果を公表した最初の企業です。
      •     2016年5月1日発行

     

    Lenovo Database Configuration for Microsoft SQL Server DWFT– 9 TB

    Lenovo Database Configuration for Microsoft SQL Server DWFT ポートフォリオにおけるこのバージョンは、コスト効率の高い 1U のSystem ThinkSystem SR630 サーバーを Lenovo PM863a Enterprise Entry SATA (SSD) と組み合わせ、データ・ウェアハウスにおける 9 TB までのキャパシティ要件に対応します。このソリューションでレノボは、Microsoft SQL Server 2017 Standard Edition ソフトウェアを搭載した Microsoft 認定データベース・ソリューションを業界に先駆けて提供しています。

    詳細情報(英語):

     

    Lenovo Database Configuration for Microsoft SQL Server DWFT – 44 TB

    このバージョンの Lenovo Database Configuration for Microsoft SQL Server DWFT は、高性能な 2U の Lenovo ThinkSystem SR650 サーバーで、データ・ウェアハウスにおける 44 TB までのキャパシティ要件に対応します。このソリューションでレノボは、Microsoft SQL Server 2017 Enterprise Edition ソフトウェアを搭載した Microsoft 認定データベース・ソリューションを業界に先駆けて提供しています。

    詳細情報(英語):

     

    Lenovo Database Configuration for Microsoft SQL Server DWFT – 50 TB

    Lenovo Flex System Enterprise シャーシに構成する可用性に優れた Lenovo ThinkSystem SN550 コンピューティング・ノードと、Microsoft SQL Server を組み合わせた DWFT ソリューションを提供します。このソリューションのストレージには、I/O 主体のアプリケーション向けに設計されたオール・フラッシュ・ストレージである Lenovo ThinkSystem DS6200 が使用されています。このソリューションで、Microsoft SQL Server 2016 を、拡張性に優れたアーキテクチャーと共に提供し、データウェアハウス・アナリティクス・アプリケーションに求められる性能を実現します。

    詳細情報(英語):

     

    Lenovo Database Configuration for Microsoft SQL Server DWFT – 90 TB

    このバージョンの Lenovo Database Configuration for Microsoft SQL Server DWFTは、高パフォーマンスの Lenovo ThinkSystem SR950 サーバー (4 ソケット構成) を、Lenovo PX04PMC 4TB NVMe Mainstream Flash Adapters と組み合わせ、データ・ウェアハウスにおける 90 TB までのキャパシティ要件に対応します。このソリューションでレノボは、Microsoft SQL Server 2017 Enterprise Edition ソフトウェアを搭載した、Microsoft 認定のデータベース・ソリューションとして、ポートフォリオを拡張しました。

    詳細情報(英語):

     

    Lenovo Database Configurations for Microsoft SQL Server
    DWFT – System x

    レノボは、さまざまな Microsoft SQL Server DWFT ソリューションを提供しています。これらの多くは、信頼性に優れ実績のある Lenovo System x のサーバー・ラインアップ上で利用できます。

    詳細情報(英語):

     

    Intel Select Solutions - Lenovo Database Configurations for Microsoft SQL Server OLTP

    レノボは、Intel Select Solution プログラムを通じて、高機能の ThinkSystem SR630 サーバーおよび SR650 サーバーによる可用性に優れた Microsoft SQL Server OLTP ソリューションを広範なラインアップで実現しており、その規模はさらに拡大しています。これらのトランザクション・データベース向け製品では、パフォーマンスに優れコスト効率の高いサーバー・プラットフォームを、Microsoft SQL Serverと組み合わせています。また、Intel Select Solutions の仕様をベースとしており、実際のパフォーマンスについてインテルが検証を行っています。企業が求めるアップタイムとパフォーマンスを実現できるよう、ソリューションは 2 台のサーバーによる可用性の高い構成で稼働いたします。

    レノボの Intel Select Solutions に使用する主なメリットには、次のようなものがあります。

    • 検討における評価の簡素化:Intel Select Solutions とは、推量に頼った作業を排除し、意思決定を迅速化する目的で、ハードウェアとソフトウェアの観点から仕様を詳細に規定したものです。
    • 導入時の迅速かつ容易な展開:設定を事前定義し、システム全体にわたる厳格なチューニングを行う Intel Select Solutions では、IT のテスト・プロセスの効率向上、サービス・デリバリーに要する時間の短縮、ソリューションのパフォーマンスの信頼性向上を意図しています。
    • ワークロードに合わせて最適化されたパフォーマンス:Intel Select Solutions の構成は、特定のワークロードにおいてパフォーマンスを発揮するようレノボとインテルが共同で設計したものであり、最新のインテル・アーキテクチャーを基盤にして構築されています。

    詳細情報(英語):

     

    Lenovo Database Configuration for Microsoft SQL Server OLTP on SR950

    この Lenovo Database Configuration for Microsoft SQL Server DWFT は、ミッションクリティカルな要件に対応できる高性能な Lenovo ThinkSystem SR950 サーバーを使用しています。OLTP に最適なデザインとなっており、高負荷な SQL Server ワークロードに対応できる高速処理を実現しています。この構成では、高パフォーマンスで書込み重視の NVMe PCIe SSD を採用しています。データベースの統合に最適な構成となっており、Microsoft SQL Server 2017に最適な構成となっています。

    詳細情報(英語):

     

    Lenovo Database Configuration for Microsoft SQL Server OLTP on Flex System with DS6200

    Lenovo Flex System Enterprise シャーシに構成する可用性に優れた Lenovo ThinkSystem SN550 コンピューティング・ノードと、Microsoft SQL Server を組み合わせた OLTP ソリューションを提供します。 このソリューションのストレージには、I/O インテンシブなアプリケーション向けに設計された オール・フラッシュ・ストレージ である Lenovo ThinkSystem DS6200 SAN が使用されています。このソリューションでは Microsoft SQL Server 2016 を、拡張性に優れた最新のアーキテクチャーと共に、トランザクションで求められる性能を提供します。秒あたり最大で 30,000 のバッチ・リクエストを処理し、SQL データベースのトランザクション・ニーズに応えます。

    詳細情報(英語):

     

    Lenovo Database Validated Design for Microsoft SQL Server OLTP on VMware vSAN

    Lenovo ThinkSystem プラットフォームを基盤としたこのソリューションでは、最新世代の SSD を装備し、仮想 Microsoft SQL Server データベースに高 IOP、低遅延、大容量ストレージを提供します。VMware ESXi ハイパーバイザーおよび vSAN ストレージを使用するデータベース仮想化により、単一プラットフォーム上により多くのデータベース・インスタンス数を作成でき、類を見ない高密度の実装により、サーバーの必要数を減らすことができます。この試験済みの高機能な構成では、データベース・コンピューティングとサーバー内の仮想ストレージを実現する Lenovo ThinkSystem SR650 および SR630 サーバーの高いパフォーマンスを活用し、以下を実現します。

    • ソフトウェア定義の実証済みの設計による、仮想 Microsoft SQL Server のトランザクション・システムで耐久性とパフォーマンスを改善し、TCO を削減
    • 従来のストレージと、簡単に稼働できる、目的に合わせて構築された安定トランザクション・システムのインフラストラクチャー
    • 必要に応じ、XClarity ソフトウェアを稼働させる vRealize 搭載のハイパーコンバージド・インフラストラクチャー

    詳細情報(英語):

     

    Lenovo Database Validated Design for Microsoft SQL Server OLTP on ThinkAgile HX

    Lenovo ThinkAgile HX があれば、Microsoft アプリケーション向けのインフラストラクチャー・ソリューションを、複雑な設定なしで実現できます。仮想化されたその他のアプリケーションと共にMicrosoft SQL Serverを実行できるほか、以下のメリットがあります。

    • 高いパフォーマンスおよびスケーラビリティー:小規模から始め、ニーズの拡大に伴ってデータベースを拡張できますが、従来のインフラストラクチャーを削減する必要はありません
    • 可用性の向上:リストアが簡単な高頻度のバックアップ機能と実施可能かつシンプルなディザスタ・リカバリーにより、重要なアプリケーションを常に保護して実行
    • 運用上の複雑さの低減:コンシューマー向けのシンプルな管理機能、VMを中心とした運用、アプリケーションおよびストレージのパフォーマンスに関するこれまでにない洞察を活用

    詳細情報(英語):

     

    Lenovo Database Validated Design for Microsoft SQL Server OLTP on ThinkAgile SXM

    Lenovo ThinkAgile SX for Microsoft Azure Stack アプライアンスは、事前統合済みで展開が容易なラックレベルのソリューションです。ハイブリッド・クラウドにおいて、価値実現に要する時間を大きく短縮し、総所有コスト (TCO) を大幅に削減します。このアプライアンスは、Microsoft Azure Services をオンプレミス環境に拡張した Microsoft Azure Stack と、業界をリードするレノボのデータセンター・ハードウェアをベースとしており、このソリューションを利用することで、Microsoft SQL Server OLTP のワークロードを Lenovo ThinkAgile SXM アプライアンスに展開できます。以下のような処理に対応する完璧なプラットフォームです。

    • 自社のデータセンターのセキュアな環境から Azure クラウド・サービスを利用できる
    • オンプレミスの展開ツールにより、アプリケーションの展開や反復の作業にかかる時間を短縮して、組織のトランスフォーメーションを推進できる
    • ハイブリッド・クラウド環境全体でアプリケーションの開発を統一できる
    • アプリケーションやデータを、プライベート・クラウド、パブリック・クラウド間で簡単に移動できる

    詳細情報(英語):

     

    Lenovo は、性能および価格 / 性能比に関する非クラスター TPC-H@3,000GB ベンチマークで世界記録を樹立しました。

    SR630 server SR650 server SR950 server x3550 M5 server x3650 M5 server x3850 X6 server Converged HX Series
  • Oracle

    Lenovo Oracle データベース 高性能構成

    多くの Oracle のユーザーは、パフォーマンスの低下やコストの増加を生じることなく、信頼性を高めることを望んでいます。現在提供されているハイパフォーマンス・ソリューションの多くは、導入の費用がきわめて高額で、メンテンスも容易ではありません。Lenovo High Performance Configuration for Oracle Database 12c により、Oracle ユーザーの厳しい要求を満たすことのできる、シンプルでお手頃価格のソリューションを提供することができます。Lenovo x3650 M5 サーバーと Fusion ioMemory SX350 ストレージ・カードを組み合わせ、パフォーマンスに優れた信頼性の高いソリューションによって Oracle ワークロードを実行することで、システム・リソースを効率的に利用し、総所有コストを削減できるようになります。

    レノボでは、SanDisk PCIe ベースのフラッシュ・ストレージによる各種 Oracle Database ワークロード処理の高速化と TCO 削減に関するホワイトペーパーを作成。そのなかで、いくつかの展開可能なソリューションについて検討しました。オンライン・トランザクション処理 (OLTP) と意思決定サポートシステム (DSS) の 2 種類のワークロードで検証を実施したところ、SanDisk PCIe ベースのフラッシュ・ストレージを使用することで、プロセッサーのスピン - ウェイトのイベントがほぼ解消され、システム全体で実行できる一定時間あたりの処理を大幅に向上できることが確認されました。その他、このホワイト・ペーパーでは次のような内容をご確認いただけます。

    • Oracle ワークロードの効率的な処理を通して TCO を削減する方法の検討
    • Oracle Database ワークロードで処理速度を向上させる展開ソリューションの提供
    • Oracle Database 12c 使用時におけるオンライン・トランザクション処理ワークロードと意思決定サポート・システムのワークロードに対する、フラッシュ・ストレージ・ベース・サーバーの処理パフォーマンスの調査
    • データベース I/O リクエストの処理時間を大幅に短縮するフラッシュ・ストレージの利用方法の評価

    詳細情報(英語):

    Lenovo Oracle データベース スケールアップ構成

    Oracle Database ソフトウェア製品は、コンピューティングのスケールアップとスケールアウト両方をサポートします。Oracle Database をスケールアップ・サーバーに導入すると、サーバー・ライセンスのコスト削減など、数々の利点があります。スケールアップの場合、Oracle Real Application Cluster (RAC) は必要ありません。もう1つの利点は、マシン・リソース (特に CPU) がすぐに共有可能になることです。スケールアップ・アーキテクチャーを導入することで、データ・センターの管理者は、追加の計算リソースに接続するためのアプリケーションの書き直しを要求することなく、既存のサーバーにリソースを追加することができます。大型のデータベースの場合、スケールアップ・アーキテクチャーにより、スケールアウトの大量の分散データベースより高いレベルのパフォーマンスを提供することができます。

    レノボでは Lenovo スケールアップ・データベース用の設定ガイドを作成しました。ガイドでは、Lenovo System x3950 X6 サーバーとのクラスターでホストされる、Oracle Linux 7.2 および Oracle Unbreakable Enterprise Kernel (UEK) 上で動作する Oracle Database 12c を実装するための、実証済みの設定例について説明しています。この設定は、エンタープライズ・レベルのビジネスに、スケールアップされた、コスト効率と生産性を重視するコンバージド・インフラストラクチャーを提供することを意図しています。ガイドでは、このアーキテクチャーの多くの利点を紹介しています。その例をご紹介します。

    • ソフトウェア・ライセンスのコスト削減:プロセッサーあたり、またはコア・ベースあたりのソフトウェア・パッケージ・ライセンスが多い場合、システムの数を減少させることで、ソフトウェアのサポート・コストを大きく削減できます。
    • IT スタッフの生産性向上:スケールアップ・サーバーにより、管理するプロセッサーとサーバーの総数が減少します。物理サーバーの台数が減少し、自動化と管理機能を追加することで、管理者の仕事が軽減されます。
    • エンドユーザーの生産性低下の防止:ミッションクリティカルな RAS 性能を持つスケールアップ・サーバー (System x3850 X6、System x3950 X6 など) により、想定外のダウンタイムをスケールアウト・サーバーよりも減少させます。
    • アプリケーション導入の高速化:仮想スケールアップ・サーバーにより、アプリケーション導入を高速化できます。以前は規模の選定、購入、設置、設定に数週間かかっていたようなプロジェクトも、数時間で準備が完了するようになります。

    詳細情報(英語):

    lenovo systems solutions big data
    Oracle
    lenovo systems solutions x3850 x6
  • MongoDB

    MongoDB データベース・ソリューション

    新しいさまざまなソース (モバイル、ソーシャル、Web など) の飛躍的なデータの増加を受けて、このデータから有益な洞察を引き出すためにデータを収集、分析、視覚化できる、新たなツールやテクノロジーが求められています。 従来の構造化データはリレーショナル・データベース管理システムに最適ですが、こうした新しいソースのデータは通常、非構造化または半構造化データであり、これらのデータを効果的に活用するには、水平方向へと柔軟に拡張ができる仕組みが必要であり、その仕組みは低コストかつ業界標準のサーバー上に構築できるものでなければなりません。

    詳細情報(英語):

    Database Solutions – MongoDB
    Database Solutions – EnterpriseDB