「資源有効利用促進法(改正リサイクル法)」の施行にともない、メーカーによる使用済みパソコンおよび小形充電式電池の回収・再資源化が義務化されました。以下に2018年度(平成30年4月~平成31年3月)の回収・再資源化実績を報告いたします。

PC回収・再資源化実績

 

レノボ・ジャパンは、会社設立(2005年4月)にともない、環境省より新たに「広域再生利用指定産業廃棄物処理者に係る認定」を取得し、2006年1月より個人(家庭)のお客様を対象に「家庭系PC回収リサイクル・サービス」を、また、2006年2月より法人のお客様を対象に「事業系PC回収リサイクル・サービス」を開始しました。
2018年度のパソコン回収再資源化実績は下表の通りです。

製品区分
事業系
家庭系
回収重量
(kg)
回収台数
(台)
再資源化
処理量
(kg)
資源再
利用量
(kg)
資源再
利用率
(%)
デスクトップPC
本体
事業系 8,500.0 850 18,300.0 13,359.1 73.0%
家庭系 9,800.0 980
合計 18,300.0 1,830
ノートブックPC 事業系 1,730.4 545 14,166.9 7,907.1 55.8%
家庭系 12,436.5 3,917
合計 14,166.9 4,462
CRT
ディスプレイ(注)
事業系 702.0 54 8,320.0 5,617.3 67.5%
家庭系 7,618.0 586
合計 8,320.0 640
液晶
ディスプレイ(注)
事業系 1,380.0 138 7,050.0 5,678.7 80.5%
家庭系 5,670.0 567
合計 7,050.0 705

注)一体型パソコンを含む
注)資源再利用率:回収されたパソコンの内、部品として再生・再利用もしくは再生資源として利用される物の質量比