プライベート用ノートパソコンを探しているなら、この選択肢も大いにあり!使いやすさに定評のある「Chromebook」の2in1タイプ レノボ「IdeaPad Duet Chromebook」の魅力に迫る

Googleが開発した「Chrome OS」を搭載し、高速かつ快適なレスポンスと、シンプルな操作性、さらに、高いセキュリティ性などをあわせ持ったパソコン「Chromebook」。なかでも注目すべきなのが、キーボードが分離できるデタッチャブル型の2 in 1機構を採用することで、ノートパソコンとしてもタブレット端末としても使える、レノボの10.1型タブレットパソコン「IdeaPad Duet Chromebook」だ。一般的なノートパソコンよりも手軽に持ち運べるため、さまざまなシーンで活躍しそうな本機の魅力に迫っていこう。

2 in 1タイプ登場使いやすさで注目度を高めている「Chromebook」に
デタッチャブル型の2 in 1タイプ登場

テレビCMで目にしたり、教育現場での学習用端末として採用されたりする機会が増えたことで、以前よりもその名前を聞くことが多くなってきた「Chromebook」。WindowsやMacOSではなく、Googleが開発を行っているOS(オペレーションシステム)「Chrome OS」を搭載しているパソコン全般を指す「Chromebook」は、基本的には、クラウドに接続しての利用を前提としており、ほとんどの作業がブラウザー(Chrome)上で行え、UI(ユーザーインターフェイス)もシンプルにまとまっているなど、従来のパソコンとは一線を画する設計思想を採用している。また、各種アプリの利用にはGoogleアカウントを使うため、同一アカウントであれば、デバイスを選ばず常に同期が保たれることや、常に最新版のOSやアプリを利用できることなども特徴だ。ある意味では、スマートフォン的な世界観で構築された新感覚のパソコンと言えるだろう。

「Chromebook」は、本体側に重たいシステムを持たず、アプリやデータなどは基本的にクラウドベースで利用するようになっているため、「低スペックでも快適に動く」「データの共有が簡単」「セキュリティ性が高く安全」などのメリットがある。一般のパソコンのような高スペックを必要としないため、比較的低価格で購入できるうえ、本体も軽量な製品が多いので、プライベート用パソコンとしてはもちろん、ビジネス用のサブ機や、子どもの学習用パソコンなど、さまざまな用途で購入するユーザーが増えているという。

レノボ「IdeaPad Duet Chromebook」

アプリのアイコンが並んだ「Chrome OS」のホーム画面。もちろん、プリインストールされているGoogleアプリだけでなく、「Google Play ストア」からオフィス系や動画配信サービス、ゲームなどのAndroidアプリがインストールできるため、機能も自分好みに拡張可能だ ※一部使用できないAndroidアプリがあります。

レノボ「IdeaPad Duet Chromebook」

クラウドベースでの使用が前提となっている「Chrome OS」だが、「Google ドキュメント」「Google フォト」などのGoogleサービスは、インターネットに接続できない場所でも、基本的な作業なら行える。なお、「Chromebook」側からAndroidスマートフォンのテザリングをオンにできる「インスタントテザリング」機能も用意されており、外出先などのWi-Fi環境がない場所でも、Androidスマートフォンをアクセスポイントにしてインターネットにつなぐことが可能だ

生産性にも機動力にもすぐれた
レノボの2 in 1タブレットパソコン「IdeaPad Duet Chromebook」

そんな「Chromebook」の中でも、特に注目度の高いモデルが、レノボの10.1型タブレットパソコン「IdeaPad Duet Chromebook」だ。本機は「Chromebook」としては珍しく、キーボード部が取り外しできるデタッチャブル型の2 in 1機構を採用しており、生産性の高いノートパソコンとしても、機動力のあるタブレット端末としても活用できるのが最大の特徴。「Chromebook」としては高解像度なWUXGA(1920×1200)解像度の10.1型液晶ディスプレイや、タイピングしやすい「フォリオカバーキーボード」を採用しながら、手ごろな価格を実現しているのも大きな魅力となっている。

レノボ「IdeaPad Duet Chromebook」

2020年6月に登場したレノボの「IdeaPad Duet Chromebook」は、シーンに応じて「プロダクティビティモード」「ブラウズモード」「スタンドモード」という3つのモードを使い分けることで、生産性と機動力の高さを両立した、デタッチャブル型の2 in 1タブレットパソコンだ

手ごろな価格だと気になるのがスペック面だが、「IdeaPad Duet Chromebook」は、オクタコアSoC「MediaTek Helio P60T」と4GBメモリーを搭載。ストレージには、「Chromebook」としては容量の大きな128GB eMMCを採用している。一見すると、さほど高いハイスペックではないが、「Chrome OS」自体の動作が軽いため、これくらいのスペックでも、オフィスワークをはじめ、動画視聴などでもサクサク動くのがうれしい。日常使いにおいてストレスを感じる場面はほとんどないはずだ。

レノボ「IdeaPad Duet Chromebook」

シンプルな設計の「Chrome OS」は、軽快な動作もその特徴のひとつ。Windowsパソコンのようなハイスペックを持たない「IdeaPad Duet Chromebook」でも、OSの起動は、わずか「8秒62」と高速だ(PIN入力時間を除く)。また、5人の3Dモデルがグリグリと動く、グラフィック負荷が高めな音楽ゲーム「アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ」を「最高画質」の設定ででプレイしてみたが、こちらもカクつきもなくスムーズに遊ぶことができた

ボディ3つのモードを使い分けることで
ノートパソコンとしてもタブレット端末としても大活躍

デタッチャブル型の2 in 1機構を備えた「IdeaPad Duet Chromebook」は、厚さが約7.3mm(最薄部は約5.7mm)、重さが約450gで、10.1型液晶を備えた本体と、マグネットで着脱が簡単に行える「フォリオカバーキーボード」、キックスタンドと一体になった本体カバーの3つのパーツで構成されている。

レノボ「IdeaPad Duet Chromebook」

「IdeaPad Duet Chromebook」を構成するのは、10.1型液晶ディスプレイを搭載しながら軽量・コンパクトな本体(写真中央)と、アイソレーションタイプの「フォリオカバーキーボード」(写真左上)、キックスタンドと一体になったファブリック素材の本体カバー(写真右上)の3つのパーツだ

レノボ「IdeaPad Duet Chromebook」 レノボ「IdeaPad Duet Chromebook」

タブレット端末として使える本体のサイズは、約239.8(幅)×159.8(奥行)×5.7~7.35(厚み)mmと、B5サイズ(257×182mm)よりもコンパクト。重さも約450gと軽量で、片手でも問題なく保持できる。背面は、さわやかなアイスブルーと質感の高いアイアングレーのツートーンカラーが採用され、オシャレな仕上がりとなっている

レノボ「IdeaPad Duet Chromebook」 レノボ「IdeaPad Duet Chromebook」

本体と「フォリオカバーキーボード」の接続部にはマグネットが内蔵されており、磁力でカチッと取り付けられる。キーボードを持って強めにゆらしてみても本体が外れるようなことはないが、本体とキーボードを持って少し力を入れてあげれば、簡単に取り外すことができる

レノボ「IdeaPad Duet Chromebook」 レノボ「IdeaPad Duet Chromebook」

付属の「フォリオカバーキーボード」は、小型ながら十分実用的なアイソレーションタイプのキーボード。エンターキーや記号キーが小さいなどやや癖はあるが、文字キーはフルサイズに近いキーピッチ18mm/キーストローク1.3mmを確保しているため、思ったよりも快適にタイピングが行えた

レノボ「IdeaPad Duet Chromebook」 レノボ「IdeaPad Duet Chromebook」

手触りのよいファブリック素材を採用した本体カバーにはキックスタンドが備えられており、内蔵されたマグネットを利用して本体に装着すれば自立させられる。キックスタンドは実測で約160°までの無段階調整が行えるので、画面を見やすい位置へと調整することも可能だ

3つのモードを切り替えることで、
あらゆるシーンに対応できる便利さを実現

本体及び同梱される2つのパーツを組み合わせることで、ノートパソコンとしてもタブレット端末としても利用できる「IdeaPad Duet Chromebook」だが、レノボでは3通りの活用方法を推奨している。まずひとつめ、本体に「フォリオカバーキーボード」と本体カバーを付けたノートパソコンスタイルの「プロダクティビティモード」。次に、本体+本体カバーの組み合わせで、狭い場所でも自立させられる「スタンドモード」。そして最後が、軽量・コンパクトな本体のみをタブレット端末として利用する「ブラウズモード」である。これらのモードを作業内容やシーンに合わせて使い分けることで、あるときはオフィスや自宅でガッツリ作業をしたり、あるときは手軽に外に持ち出して、情報をサッと確認したりといったさまざまな使い方ができるようになるのだ。

プロダクティビティモード
レノボ「IdeaPad Duet Chromebook」 レノボ「IdeaPad Duet Chromebook」

文章入力を行う時は、「フォリオカバーキーボード」と本体カバーを本体に装着したフルセットの「プロダクティビティモード」を利用したい。筆者は仕事柄、カフェで原稿を書くことも多いのだが、キーピッチ18mmを確保している「フォリオカバーキーボード」は長時間のタイピングでも疲れにくく、一般的なモバイルノートと同等の作業をこなすことができた。また、キーボードを装着した場合でもコンパクトに収まるため、右写真のように新幹線の小さなテーブルにもスッキリと設置できた

スタンドモード
レノボ「IdeaPad Duet Chromebook」 レノボ「IdeaPad Duet Chromebook」

サイドテーブルなど狭い場所に設置したい時は、「フォリオカバーキーボード」をサッと取り外し、本体カバーのキックスタンドで本体を自立させる「スタンドモード」が重宝する。オフの時間に動画配信サービスのコンテンツを鑑賞してみたが、WUXGA解像度のディスプレイは高精細なうえ、本体上部のステレオスピーカーからは広がりのあるサウンドが響くので、しばらくの間、思わず見入ってしまった

ブラウズモード
レノボ「IdeaPad Duet Chromebook」 レノボ「IdeaPad Duet Chromebook」

軽量・コンパクトなサイズを生かし、サコッシュやショルダーバッグなど小さめのカバンに入れて携帯できるモードが、本体のみをタブレット端末として扱う「ブラウズモード」だ。外出先に持ち出し、手持ちのAndroidスマートフォンとテザリングして使用してみたが、電子書籍の閲覧や地図の確認など、ひと通りのことが問題なく行えた。しかも、スマートフォンよりも大きな10.1型液晶ディスプレイを搭載しているので、断然見やすく便利だ ※一部使用できないAndroidアプリもあります

使い勝手屋外でも画面が見やすい400nitの
10.1型WUXGA液晶ディスプレイを採用

最後に、「IdeaPad Duet Chromebook」の使い勝手をチェックしていこう。まずは、扱いやすさを大きく左右するディスプレイだが、「Chromebook」としては高解像度となるWUXGAの10.1型マルチタッチ対応液晶ディスプレイを採用。ノートパソコンとして考えると画面サイズは小さめだが、解像度が高いため作業領域は十分確保できる。また、最大400nitと輝度の高いIPS液晶パネルを採用しているのもポイントで、友人たちと一緒に動画を見たり、日中の屋外で画面を確認したりする時も、視認性は十分に確保されていた。さらに、このコンパクトなボディでありながら、カタログスペックで約10.0時間の長時間駆動を実現しており、ちょっとした外出時なら、ACアダプターを持ち歩く必要がないのもうれしいポイントだ。

レノボ「IdeaPad Duet Chromebook」 レノボ「IdeaPad Duet Chromebook」

広視野角で色再現性にすぐれたIPSパネルを採用した、10.1型WUXGA液晶ディスプレイを搭載。16:10のアスペクト比のため、縦画面でも表示が長細くなりすぎず、電子書籍やWebサイトも見やすい。また、最大400nitという輝度があるため、屋外でも、高コントラストな美しい表示で写真や動画をしっかりと閲覧することができた

レノボ「IdeaPad Duet Chromebook」 レノボ「IdeaPad Duet Chromebook」

液晶ディスプレイは、10点のマルチタッチに対応。タッチに対する反応は非常によく、処理性能を確認するためにプレイしてみた音楽ゲームアプリでも、ノーツがすり抜けるようなことは一切なく、パーフェクトコンボを達成できたほどだ

レノボ「IdeaPad Duet Chromebook」 レノボ「IdeaPad Duet Chromebook」

本体背面には800万画素のカメラを装備。タブレット端末のカメラとしては一般的な解像度だが、撮影した写真を10.1型の液晶ディスプレイで確認できるのは、スマートフォンにはできない芸当だ。また、正面ディスプレイ部には200万画素のカメラとマイクを搭載しているため、オンライン会議なども本機のみで参加できる

レノボ「IdeaPad Duet Chromebook」 レノボ「IdeaPad Duet Chromebook」

本体右側面には、充電のほか、映像出力端子としても利用できるUSB2.0 Type-Cポートを搭載。また、USB2.0 Type-Cポートを3.5mmオーディオジャックへと変換できるアダプターも付属しているため、愛用のイヤホンやヘッドホンも活用できる

まとめ手軽に使える「Chromebook」の利便性を
さらに高めた、ハイコスパモデル

独自の設計思想を持った「Chrome OS」を搭載することで、一般的なパソコンよりもシンプルで手軽に使える「Chromebook」。今回、そんな「Chromebook」にデタッチャブル型の2 in 1機構を備えたレノボの「IdeaPad Duet Chromebook」をレビューしてきたが、使えば使うほどその利便性に驚かされることになった。

特に、キーピッチ18mmを実現した「フォリオカバーキーボード」はタイピングしやすく、ノートパソコンスタイルである「プロダクティビティモード」での作業効率が十分に高いことが実感できたのが印象に残った。もちろん、「ブラウズモード」では、軽量・コンパクトな大画面Androidタブレットとして活用できるので、オンタイム、オフタイムを問わず、さまざまなシーンで活躍してくれることは間違いない。また、「Chromebook」としては高解像度なWUXGA解像度かつ400nitと明るい10.1型液晶ディスプレイを搭載しながら、手ごろな価格を実現しているのも大きな魅力だと感じた。プライベート用パソコンや、持ち運びに便利なサブ機、子どもの学習用パソコンなどを探している人には、ぜひチェックしてもらいたい製品である。

スペック表
OS Chrome OS
CPU MediaTek Helio P60T プロセッサー(8コア、2.0GHz)
液晶ディスプレイ 10.1型WUXGA(1920×1200)液晶、10点マルチタッチ対応
メモリー 4GB
ストレージ 128GB eMMC
外部インターフェイス USB2.0 Type-Cポート×1
内蔵カメラ 背面:800万画素、前面:200万画素
センサー ジャイロセンサー、加速度センサー、光センサー
無線機能 IEEE802.11 ac/a/b/g/n、Bluetooth 4.2
バッテリー駆動時間 約10.0時間(使用時間はGoogle Chrome OS Power_LoadTestを使用して測定)
本体サイズ タブレット本体:約239.8(幅)×159.8(奥行)×7.35(高さ)mm
キーボードとカバー装着時:約244.9(幅)×169.3(奥行)×18.2(高さ)mm
質量 タブレット本体:約450g
キーボードとカバー装着時:約920g
この記事は2020年9月30日の情報を基にしております。