低価格ながら機能性は十分! プライベート利用や学習用としても使える レノボの「IdeaPad Flex 550i Chromebook /IdeaPad Slim 350i Chromebook 」の魅力を探る

Google が開発している「 Chrome OS 」を搭載し、レスポンスが高速なうえ、セキュリティ性にすぐれているパソコン「 Chromebook 」。なかでも注目したいのが、レノボから発売されている、液晶ディスプレイが360°回転するコンバーチブル機構を採用した、5万円台前半の13.3型モバイルノート「IdeaPad Flex 550i Chromebook 」と、A4サイズで軽さ約 1.12kgとモバイル性にすぐれた、3万円台前半の11.6型モバイルノート「IdeaPad Slim 350i Chromebook 」だ。本特集では、そんな両モデルの魅力を探っていこう。 ※税込。価格.com最安価格。2020年12月1日時点

Chromebook高速、安全な「 Chrome OS 」を搭載した「 Chromebook 」

OSに Google が開発している「 Chrome OS 」を搭載したパソコン「 Chromebook 」。OS上で動作するのは基本的にWebブラウザーがメインというシンプルな構造のため、あまり高くないスペックでもレスポンスが高速なのが特徴だ。起動 の速さはもちろん、複数のWebアプリを同時に起動してもサクサク動作し、十分快適に作業できる。

また、「 Chrome OS 」では、ソフトウェアが常に最新のバージョンに自動更新されるうえ、Webアプリを隔離された仮想領域で実行させるサンドボックス構造を採用しているた め、悪質なサイトにアクセスしてしまった場合でもシステム全体には影響が及ばないなど、セキュリティ面での信頼性が高い。これに加えて、「 Chromebook 」に搭載されたセキュリティチップによってデータが暗号化されるので、大切なデータを安心してダウンロードできる。

こうした特徴を持つ「 Chromebook 」は、価格も手ごろなことから、プライベート利用としての1台や、教育現場向けの学習用パソコンとしても人気を集めている。

IdeaPad Flex 550i Chromebook /IdeaPad Slim 350i Chromebook

Webアプリのアイコンが並ぶ「 Chrome OS 」のホーム画面。アイコンが大きく、使用したいアプリを見つけやすい

IdeaPad Flex 550i Chromebook /IdeaPad Slim 350i Chromebook

起動時間は、電源投入からログイン画面が表示されるまで約9秒9と高速。また、ブラウザーの起動時間は約0秒73と、一瞬だ。これなら、待たされたと感じることなくスピーディーに作業を開始できる

IdeaPad Flex 550i Chromebook /IdeaPad Slim 350i Chromebook

「 Google ドライブ」や「 Google フォト」など、「 Google アカウント」を介したクラウドベースのアプリが標準で利用できる。また、作成中のファイルや設定を、スマートフォンなどのほかのデバイスと常に同期できるのもポイントだ

IdeaPad Flex 550i Chromebook /IdeaPad Slim 350i Chromebook
IdeaPad Flex 550i Chromebook /IdeaPad Slim 350i Chromebook

「 Google Play ストア」から、Androidアプリをインストールすることも可能。動画配信サービスやゲームはもちろん、サブスクリプションサービスの 「Microsoft 365」に加入すれば、「Microsoft Office」アプリも利用でき、Windowsパソコンと同様にドキュメント作成などが行える。学習用途はもちろん、ビジネス作業にも十分に対応できそ うだ

IdeaPad Flex 550i Chromebookさまざまなスタイルで使える、
プライベートでの利用にピッタリな13.3型コンバーチブルノート

そんな「 Chromebook 」の中で、特に注目したいのは「レノボの Chromebook 」だ。レノボでは、液晶ディスプレイが360°回転するコンバーチブル機構採用の13.3型モバイルノート「IdeaPad Flex 550i Chromebook 」や、キーボード部が取り外しできるデタッチャブルタイプの2 in 1機構を採用した10.1型タブレットPC「IdeaPad Duet Chromebook 」、A4サイズで軽さ約 1.12kgの11.6型モバイルノート「IdeaPad Slim 350i Chromebook 」の、3モデルをラインアップ。使い方やニーズに合わせて選びやすいのが大きな魅力と言える。

さらに、レノボは日本国内に修理工場があるため、素早い修理対応が可能。万が一故障してしまって修理工場に預けても、すぐに手元に戻ってきてくれるのがポイントだ。

ここからは、そんな3モデルがラインアップされている「レノボの Chromebook 」の中から、13.3型モバイルノート「IdeaPad Flex 550i Chromebook 」と11.6型モバイルノートの「IdeaPad Slim 350i Chromebook 」の2モデルに注目!まずは5万円台前半で発売されている「IdeaPad Flex 550i Chromebook 」からチェックしていこう。

「IdeaPad Flex 550i Chromebook 」は、CPUに2コア/2スレッドの「第10世代インテル Celeron プロセッサー 5205U」(1.9GHz)を、メモリーに4GBを、ストレージに64GBのeMMCを搭載。「 Chromebook 」としては、基本スペックが高めの構成と言える。実際に、「Microsoft Office」を起動してExcelファイルの編集作業を行ったり、YouTube でフルHD動画を再生したりしてみたが、動作がモタつくような場面は見られなかった。極端なヘビータスクでもない限り、快適に作業できるパフォーマンスを 備えていると言えるだろう。

IdeaPad Flex 550i Chromebook

レノボの「 Chromebook 」の中でハイエンドモデルに位置付けられる「IdeaPad Flex 550i Chromebook 」。本体サイズは約310(幅)×212(奥行)×17.0(高さ)mmで、軽さは約1.38kgと、家の中で持ち運ぶのはもちろん、外出先に持ち出すの も苦にはならない

IdeaPad Flex 550i Chromebook

「グラファイトグレー」のボディは、5万円台前半とは思えない、スタイリッシュな印象を与えてくれる。天板左上には「Lenovo」のロゴが、右上には「 Chromebook 」のロゴがさりげなく配置されている

「IdeaPad Flex 550i Chromebook 」で特に注目したいのは、2軸ヒンジの採用によって実現した、液晶ディスプレイが360°回転するコンバーチブル機構だ。一般的なノートPCのように使え る「ラップトップモード」のほか、ヒンジ部分を上に向けて立てる「テントモード」、液晶ディスプレイを360°回転させる「タブレットモード」、キーボー ド面を底面にしてディスプレイを立てる「スタンドモード」と、状況と用途に応じて変形することができる。これらのモードを駆使すれば、手狭なサイドテーブ ルの上に設置したり、膝の上でタブレット端末のように扱ったりと、使用場所やシーンに応じてフレキシブルに活用することが可能になる。

さらに、液晶ディスプレイには10点マルチタッチ対応のタッチパネルを搭載するうえ、アクティブペンも付属。直感的な操作が可能なうえ、メモを取ったり、イラストを作成したりといった作業も行いやすい。

IdeaPad Flex 550i Chromebook
IdeaPad Flex 550i Chromebook

設置面積を少なくできる「テントモード」は、自宅のサイドテーブルや、旅行中の新幹線のテーブルなどといった狭いスペースでも使用できる。さらに、「タブレットモード」なら、テーブルがなくても膝の上で気軽に操作が可能だ

IdeaPad Flex 550i Chromebook

キーボード面を底面にする「スタンドモード」はテーブルに置いたときに安定感があるため、アクティブペンを 使ってメモを取ったりイラストを作成したりするのに便利。搭載される2軸ヒンジによって、ディスプレイの角度がしっかり固定されるので、アクティブペンを 使用する際にディスプレイがガタついたり、倒れてしまったりすることもなかった

このように、プライベートのさまざまなシーンで利用できるとなると、エンターテインメント性能も気になるところだが、「IdeaPad Flex 550i Chromebook 」はその点も抜かりがない。13.3型のフルHD(1980×1080)液晶ディスプレイは、視野角の広いIPSパネルを採用。また、パネルは光沢仕様と なっており、写真や動画を鮮明に表示してくれる。これに加えて、キーボード両サイドに装備された、2W+2W出力のステレオスピーカーは、クリアなサウン ドを実現。映像や音楽の鑑賞用途でも十分に満足できる仕上がりとなっている。

IdeaPad Flex 550i Chromebook
IdeaPad Flex 550i Chromebook

海中のサンゴや生物たちを映した写真を表示してみたが、青や緑、黄色などさまざまな色が鮮やかに表現され、思わず見入って しまう美しさ。視野角も十分に広く、家庭内でリラックスした体勢で鑑賞しても、楽しめそうだ。また、本機はステレオスピーカーがキーボードの両サイドに装 備されており、本体底面にスピーカーが配置されるモバイルノートに比べて、よりクリアで広がりのあるサウンドが楽しめた

IdeaPad Flex 550i Chromebook

YouTube でフルHDの戦争映画を視聴。ヘリコプターが迫りくるシーンでは、高精細な映像とダイナミックに広がるサウンドが相まって、高い臨場感を味わうことができた

最後に、「IdeaPad Flex 550i Chromebook 」の使い勝手をチェックしていこう。本機は13.3型モバイルノートながら、キーボードはキーピッチ約19mmのフルサイズを採用。モバイルノートにあり がちな狭苦しさを感じることなく、のびのびとタイピングできる。また、microSDメモリーカードスロットや、給電と映像出力に対応するUSB 3.1(Gen 1)Type-Cポートを2基備えるなど、外部インターフェイスも充実しており、活用の幅をさらに広げてくれそうだ。

IdeaPad Flex 550i Chromebook
IdeaPad Flex 550i Chromebook

ShiftキーやCtrlキーなどが大きく取られた、フルサイズキーボードを採用。しっかりとした打鍵感があるうえ、キーの表面に上質なマット加工が施されているため、指先になじみやすい

IdeaPad Flex 550i Chromebook

外部インターフェイスは、左側面に、USB 3.1(Gen 1)Type-Cポート(給電と映像出力に対応)、USB 3.1(Gen1)Type-Aポート、マイク/ヘッドホンジャック、microSDメモリーカードスロットを、右側面に、USB 3.1(Gen 1)Type-Cポート(給電と映像出力に対応)を装備。モバイルノートとしては必要十分な装備と言えるだろう

IdeaPad Slim 350i Chromebookコンパクト&軽量ながら拡張性は十分。
学習用途で活躍する11.6型モバイルノート

続いて、3万円台前半で発売されているエントリーモデル「IdeaPad Slim 350i Chromebook 」をチェックしよう。本機は、CPUに「インテル Celeron プロセッサー N4020」(1.1GHz-最大2.8GHz)を、メモリーに4GBを、ストレージに32GBのeMMCを搭載。Webサイトの閲覧などが問題なく行え るスペックを備えており、実際に10個以上のタブを開いたWebブラウジングや、動画の再生を試してみたが、もたつくことなくスムーズにこなせた。手ごろ な価格ながら、オンライン授業や、オフィスアプリを使用して文書作成を行う大学生や子どもの学習用途で十分に応えてくれるパフォーマンスを備えている。

IdeaPad Slim 350i Chromebook

「オニキスブラック」で仕上げられた「IdeaPad Slim 350i Chromebook 」。差し色としてキーボードにグレーを配色するなど、価格以上の上質感がある

また、本機のボディサイズは約286.7(幅)×205.5(奥行)×18.1mm(高さ)とコンパクトなうえ、軽さも約1.12kgと軽 量。女性や子どもでも楽に持ち運べる。さらに、バッテリーはカタログスペックで最大約10時間の駆動に対応するため、半日程度であれば充電を気にすること なく使える。キャンパスなどでアクティブに活用したい大学生にうってつけだろう。

IdeaPad Slim 350i Chromebook

女性でも片手で軽々と持ち運べるほどコンパクトかつ軽量な「IdeaPad Slim 350i Chromebook 」。教室や図書館、自習室など、さまざまな場所に移動する大学生でも、このモバイル性の高さなら持ち運びが苦になることはほとんどないはずだ

搭載する11.6型HD(1366×768)液晶ディスプレイは、視野角こそそれほど広くはないが、3万円台のものとして は十分に健闘している精細感だ。映画をじっくり鑑賞する用途などでは物足りないかもしれないが、学習用教材を表示したり、Webブラウジングをこなしたり するうえで不足感はないほか、非光沢仕様のため長時間画面を見ても目が疲れにくい。さらに、HD(720p)解像度のWebカメラに加え、2W+2W出力 のステレオスピーカーを装備しているため、オンライン授業に安心して臨める。

また、学習用途では、よく使うことになるキーボードの使い勝手も気になるところだが、本機は11.6型としては貴重なキーピッチ約19mmのフルサ イズをしっかりと確保。パームレスト周りもたわみの少ないしっかりとした作りで、強めにタイピングしても安心感がある。これならレポートの作成時など、長 時間のタイピングが必要になる場面でも、ストレスは最小限に抑えられるだろう。

IdeaPad Slim 350i Chromebook
IdeaPad Slim 350i Chromebook

液晶ディスプレイに色とりどりの花々の写真を表示してみたところ、明るい部分ではやや彩度が落ち気味だったものの、全体的 には十分に鮮やかな発色が確認できた。また、フルサイズのキーボードは、のびのびとタイピングできるので、1時間ほど文字を入力してもそれほど疲れを感じ なかった

このほか、コンパクトな11.6型モバイルノートながら、USB 3.1(Gen 1)Type-Cポートと、USB 3.1(Gen1)Type-Aポートをそれぞれ2基ずつ備えるうえ、microSDメモリーカードスロットも装備するなど、外部インターフェイスはしっ かり揃っている。USB 3.1(Gen 1)Type-Cポートは、給電と映像出力に対応するので、スマートフォンをとっさに充電したり、学校でのプレゼンでプロジェクターと接続して映像出力し たりといった使い方が可能だ。

IdeaPad Slim 350i Chromebook

本体左側面に、USB 3.1(Gen 1)Type-Cポート(給電と映像出力に対応)、USB 3.1(Gen1)Type-Aポート、microSDメモリーカードスロット、マイク/ヘッドホンジャックを装備。右側面に、USB 3.1(Gen 1)Type-Cポート(給電と映像出力に対応)、USB 3.1(Gen1)Type-Aポートを装備する

デタッチャブルタイプの10.1型2 in 1タブレットPC
「IdeaPad Duet Chromebook 」にも注目

レノボの「 Chromebook 」には、よりモバイル性や手軽さを求めたい人向けに、キーボードを脱着して使えるデタッチャブルタイプの10.1型2 in 1タブレットPC「IdeaPad Duet Chromebook 」もラインアップされている。利用シーンに合わせてタブレットPCとしてもノートPCとしても使えるのが魅力。ボディサイズは約 239.8(幅)×159.8(奥行)×7.35(高さ)mm(本体のみ)で、重量は約450g(本体のみ)と、コンパクトさと軽さも追求されている。さ らに、ディスプレイには高精細な10.1型WUXGA(1920×1200)液晶を搭載するなど、エンターテインメント性能も充実。これで3万円台前半なのだから、コストパフォーマンスの高い1台と言えるだろう。

IdeaPad Duet Chromebook

「IdeaPad Duet Chromebook 」はコンパクトなうえ、最大約10時間駆動するバッテリーを備え、モバイル性が高い。また、ストレージにはeMMCをたっぷりと128GB搭載しているのもうれしい

まとめいつでもどこでもアクティブ&フレキシブルに使える
高コスパマシン

ここまでチェックしてきたハイエンドモデルの「IdeaPad Flex 550i Chromebook 」は、コンバーチブル機構の採用による活用の幅の広さが印象的だった。手狭なサイドテーブルや、ソファの上でも手軽に使用できるうえ、アクティブペンも付 属し、プライベートでの使い勝手は格段に高い。また、高精細かつ広視野角のフルHD液晶ディスプレイや、2W+2W出力のステレオスピーカーを装備するな ど、エンターテインメント性能も際立っており、5万円台前半という価格以上の満足感が得られる。

いっぽうの「IdeaPad Slim 350i Chromebook 」はエントリーモデルながら、コンパクトさと軽さにこだわったボディ設計が魅力的だった。バッテリーも最大約10時間駆動し、充電なしで半日程度は持ち運 べる。また、拡張性が高く、給電と映像出力に対応するUSB 3.1(Gen 1)Type-Cポートが2基搭載されているため、最新スマートフォンとの接続や映像出力がしやすいのも心強い。CPUに「インテル Celeron プロセッサー N4020」を搭載するなど基本スペックにも不満はなく、学習用途では必要十分な実力を備えた1台と言える。

プライベート用途や学習用途で高コスパマシンを探している人は、「IdeaPad Flex 550i Chromebook 」と「IdeaPad Slim 350i Chromebook 」にぜひ注目してほしい。

製品紹介

製品名
IdeaPad Flex 550i Chromebook
IdeaPad Flex 550i Chromebook
レノボ公式サイトで
詳細をチェック
IdeaPad Slim 350i Chromebook
IdeaPad Slim 350i Chromebook
レノボ公式サイトで
詳細をチェック
CPU インテル Celeron プロセッサー 5205U(1.9GHz) インテル Celeron プロセッサー N4020(1.1GHz-最大2.8GHz)
グラフィック インテルUHDグラフィックス インテルUHDグラフィックス600
OS Chrome OS Chrome OS
メモリー 4GB 4GB
ストレージ 64GB eMMC 32GB eMMC
光学ドライブ なし
ディスプレイ 13.3型フルHD(1920×1080)IPS液晶ディスプレイ 11.6型HD(1366×768)液晶ディスプレイ
有線LAN なし
無線通信 IEEE802.11ax/ac/a/b/g/n、Bluetooth Ver.5.0 IEEE802.11ac/a/b/g/n、Bluetooth Ver.5.0
外部インターフェイス USB 3.1(Gen 1)Type-Cポート(給電と映像出力に対応)×2、USB 3.1(Gen1)Type-Aポート、microSDメモリーカードスロット、マイク/ヘッドホンジャック USB 3.1(Gen 1)Type-Cポート(給電と映像出力に対応)×2、USB 3.1(Gen1)Type-Aポート×2、microSDメモリーカードスロット、マイク/ヘッドホンジャック
本体サイズ 約310(幅)×212(奥行)×17(高さ)mm 約286.7(幅)×205.5(奥行)×18.1mm(高さ)
重量 約1.38kg 約1.12kg
IdeaPad Flex 550i Chromebook /IdeaPad Slim 350i Chromebook IdeaPad Flex 550i Chromebook /IdeaPad Slim 350i Chromebook 「レノボの Chromebook 」スペシャルサイトをチェック

Chromebook、Android、YouTube およびその他のマークは、Google LLC の商標です。